話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

初めてのカチコミ

街を探索して、やはり奴隷商が近くにあるという情報を掴んだ。だが、正確な位置は巧妙に隠され、見つからない。

夜まで待ち、情報屋と落ち合う。

相手は、青白い肌を持つ細身の女性だ。
尖った耳と黄金の瞳は、エルフ族の証なんだとか。
ノンセクシャルな装備や服装で隠しているが、出るところは出ている。
「アタシはダークエルフのソフィーよ。カミュとは長い付き合いなの」

「新米のトウタスだ。よろしく」

「固いわね。まずは一杯」
ソフィーは気さくに、オレにノンアルコールのブドウ水を奢ってくれた。

「これで、オレはアンタとも兄弟だな」

「ごめんなさい、アタシは誰とも家族になろうとは。一人の方が気楽だし、カミュとの関係もただのビジネスで」

急に理屈的な会話が始まってしまった。
彼女にとって、ファミリーのネタはタブーだったらしい。

くそ、オレがKYなのは、ここでも相変わらずか。
よく舎弟も怒らせていたな。

オレたちの会話に、カミュが割り込んだ。
「トウタスはね、家族を失ったばかりなんだ。悪く思わないでくれ。家族と言っても、いつもどおりでいいから」

「そういうことなら、家族ってことで」
もう一度、ソフィーはオレの杯にグラスを当てる。

「一人は寂しいけど、気楽よ。何も背負わなくていいし」

「オレは、もう失いたくねえよ」
孤独になれられるほど、オレは人間ができていない。

「そう。なら大事にしなさいな。今から行くところは、そんな優しい気持ちさえ踏みにじるような奴らが相手なんだから」

◇ * ◇ * ◇ * ◇

オレたちが案内されたのは、地下下水道だった。
それにしては、えらく作り込まれている。

「まさに、悪のアジトとしてはうってつけだね。長い年月をかけて、細工したんだろう。バレないように、巧妙に道を隠している」

暗闇でもハッキリと周りが見える。ゾンビの能力のせいらしい。
オレたちに夜目が利いていなければ、ランタンが必要だったろう。
しかも、この道は光を浴びせると消えてしまう仕組みになっていた。

ただのダークエルフであるソフィーは歩きづらそうだ。
「いたわ。ここよ」

どうやら、裏口への扉が見つかったようだ。
しかし、鍵が掛かっている。

「灯りがあれば、鍵を開けられるんだけど、光を当てると扉がタダの壁になってしまうわ」

鍵までは持ち合わせていない。ピッキングしようにも、光予防の細工のせいで無理。詰みだ。

「なあ、オレにできないかな?」
自分のスキル表を見て、頭にある提案が浮かぶ。

「オレ、ゾンビじゃん。身体を傷つけても、特になんともないんだよな? 指の骨を鍵状にできないか?」
オレのスキル表に、『鍵開け』とあったのだ。

「かなりグロテスクな発想だけど、いかにもボクたちらしいじゃないか。やってみよう」
荒唐無稽な提案を、カミュはあっさりと承諾してくれた。

「指を一本立てて、鍵状になれと念じるんだ。勝手に指の骨が、鍵の形状になるはずだよ」

そんなに難しいスキルではなかった。
骨が徐々に鍵の形状へと変わっていく。

鍵穴にはめ込むと、ガチャリと音がした。
「鍵が開いた! 乗り込――」
カミュより先に、オレはドアを蹴破る。

「シェリダン組だ、神妙にしやがれい!」
「なにそのシェリダン組って」
「適当に付けた!」

オレたちの前では、大勢のチンピラと、一匹のピエロが、玄室に集まっていた。
ピエロが商人の男に金貨の入った袋を渡している。

無数の孤児らしき子どもたちがいた。
冷たい床で、ゴミのように、山積みにされている。
もう全員が助からないと、一目で分かった。

「テメエら、なんてコトしやがる! 地獄へ落ちやがれ!」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く