話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

幼なじみは爆乳シスター

なんなんだ一体?
双丘が当たってうれしいやら苦しいやら。乳圧に圧迫されて成仏しそうだ。

ピチッと肌に密着した白いローブは、おそらく司祭の趣味だろう。道行く他のシスターは普通の修道服であることが何よりの証拠だ。

マシュマロの感触をかいくぐり、オレはどうにか少女の顔に視線を向けた。

「お前は確か、セェレか!」

セェレ・ギルモアは、オレの知り合いである。
オレが八つの時に、ニンニクを卸している八百屋の看板娘だった。同い年で、よく遊んでいたのを思い出す。

「村がモンスターに燃やされたって聞いたけど、無事だったんだね。もう、心配したんだから!」
涙声で怒りながら、セェレが訴えかける。

「そうか。世話をかけたな。この通りだ」
ゾンビになってしまったが。

「トウタス、血が!」
「ああ、平気だ。ツバ付けりゃ治るって」
「ダメだって! 見せて」
セェレがオレの手を掴み、自分の手をかざす。

「あれ? 傷が塞がってるみたい」
「だろ? 言った通りじゃん」

まあ、ゾンビだからな。死にもしないし、傷の治りも早かろう。

「今はシスターなんだな?」
「うん。治癒魔法の素質があるからって」

言われてみれば。
膝をすりむいたときにコイツが撫でると、あっというまに傷が塞がった。素質があったらしい。

「神様とコンタクトしやすい身体なんだって。トウタスは何してるの?」

「冒険者登録をしてきた。村がなくなったから、独り立ちしようと思ってな」

さっきの出来事を、オレたちの事情をなるべく伏せて説明した。嘘は言っていないはず。

「そうだったんだ。ごめんなさい。何も助けられなくて」
「その気持ちだけで十分だ。すまねえ」
セェレは神に祈る仕草をする。
「あなたに、フェルダの加護があらんことを」

オレが人間だったら、なんてことなかっただろう。だが、今はゾンビ。セェレの祈りで、オレは危うく天に召されそうになった。

「ちょっと、白目剥いてるけど、大丈夫?」
オレを気にかけて、セェレが手を握ってくる。

待ってくれ、その仕草だけでもオレには堪えるんだが。

「お、お友達と一緒か」
カミュが戻ってきた。

「おう、もういいのか?」
「情報屋と話を付けてきた。夕刻に酒場で落ち合う予定さ。ところで」
カミュが視線をセェレに移す。

「キミに彼女がいたなんて、聞いてないんだけど?」

カミュの目つきが鋭い。

「待て。そういうんじゃねえよ!」

「そうですそうです!」
オレに続き、セェレもうなずいた。

「だったら、このキレイなお嬢さんを紹介してくれないか?」
「幼なじみのセェレだ」

カミュはセェレに近づき、会釈する。
「どうも、ボクはカミュ・シェリダン。この街を拠点にしてるクルースニクだ」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く