話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

ドワーフ製のチャカ

「おうさ」
バラドはすぐさま、立てかけてあった剣と、銃をカウンターに置いた。

一般的な短剣だ。振ってみたが、軽くて扱いやすい。
個人的には、ドスを手にしたかったが。

だが、オレはもう一つ用意された武器を見て、驚く。

「銃があるのか?」
「まあね。魔力を撃ち出すため、ここ以外の世界から最近持ち込まれたモノだって聞く。ボクのは、もっぱらこれだけど」
カミュは、手持ちの銃を弄んだ。銃身が黒く、リボルバー式だ。

「素材はエボニアンっていう黒い鋼。魔力でコーディングした銀の弾丸を、火薬で撃ち出すのが一般的さ」
銃を構え、カミュは撃つ振りだけする。

「こんな感じで、ちょっとずつリ・ッキの配下をやっつけていたんだよ」
「待ってくれ、カミュって『シノギ』は何なんだ?」

業界用語を発してしまい、「仕事だよ。表向きの」とカミュに耳打ちする。

「ボクの仕事? 言ってなかったっけ?」
オレがカミュに問いかけると、バラドが首をかしげた。

「お前さん、コイツに仕事の内容、教えてなかったってのか?」
はにかんで、カミュは「うっかりしていたよ」と舌を出す。

「『クルースニク』ってヤツさ。いわゆるハンターだ」

「つまり、冒険者ってか?」
「冒険者の職種の一つだ。坊ちゃんは吸血鬼と人間のハーフでよ。悪い魔物をやっつけるのが仕事なんだ」

ふと、バラドが手を叩く。
「お前さんも冒険者志望かい? ウチで登録しときな」

「ギルドとか介さずにか?」

「今更そんな大昔のシステムなんてねえよ。冒険者ギルドは、今やクエストを探すところでしかねえ。カードなんてどこでも作れるぜ」

店舗の個人情報は、魔力で繋がっているらしい。
顧客の新規登録などの情報は、すぐさま冒険者ギルドへ送信される。

まるでクレジットカードの申し込みみたいだな。店でダイレクトに作れるなんて。
バラドの手引きで、冒険者カードを作成した。
どうせ、みなしごになったんだ。身分があった方がいいだろう。

「オーダーメイドも受け付けてる。何でも注文してくれ」
言いながら、バラドが金槌を手の中で弄ぶ。

そうは言っても、先立つものが。

「お金の心配はないよ。バラドには研究費として、一生困らないくらいの大金を払っているからね。キミの仕事道具くらいプレゼントするよ」

なんというホワイト企業っぷりだろうか。
ならばと、オレはこの世界で再現できそうな武器の形状を伝えた。

「まあ、なんとかやってみよう」
店を出て、オレは自分のカードを眺める。

「ゾンビでもカードが作れるんだな?」
「トウタス・バウマーの身分があったから、普通に通ったよ。ゾンビであるなんて、カードだけじゃ分からないから、安心していいよ」

街に危害さえ加えなければ、の話だが。破壊活度を行った際は、市民登録抹消どころか、財産も没収される。

「お前が女だってのは、あのドワーフは知らないのか?」
オレの耳にカミュが顔を近づけてきた。

「表向きは、ボクが魔王の娘だってことは伏せている。彼も、ボクを坊ちゃまって言っていただろ? 彼はボクを、『没落貴族を母に持つかわいそうな少年』だと思っている」
カミュは、宿とは反対方向へ向かう。

「どこへ行くんだ?」
「路地裏さ。奴隷商の情報を集める」
「オレも行こう」

「いいよ。キミは街の様子を頼む。怪しい奴がいたら、知らせて欲しい。あと、今のうちに買い物には慣れておいてね。いくらトウタス時代の記憶があるからって、なんでも覚えているわけではなさそうだし」

それならと、オレたちは別々に行動を開始した。

オレも行こうかなと思っていたら、遠くの方から怒鳴り声が。
パン屋の方角だ。

「バカ野郎! 借金返せねえならガキを渡しやがれ!」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く