話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

姐さん、一大事です

姐さんがそんな凄い人だったなんて、にわかには信じがたい。
今でも、オレにとって姐さんは、イラストの先生で、オレはモデル兼アシスタントだ。

「驚きましたよ。まさか、あなたがテムジンと関わりがあったとは」
サティが、お茶のおかわりをくれた。

「待てよ。オレの、トウタス・バウマーが住んでいた村が襲われたのは、ひょっとすると」

「ボクを探していたのもあるだろうけれど、ビシャモン天の力を持つ者を探していたのかも」

もし、カミュの意見が正しいなら、リ・ッキがリキと関わりなくとも、許せねえ。

リ・ッキが姿を現し、魔物たちはまた活性化した。
カミュは改めて、リ・ッキと関わりのある者達の抹殺を再開したのである。

「多分、テムジンの身に、この世界に戻れないアクシデントが起きた。例えば、魔力が足りなくて帰れなくなったとか。そこで、キミに何らかの処置を施し、リ・ッキの討伐を託したのだと思う」

カミュが、オレに向き直る。
「悪いね。酷い言い方をして」

「いいさ。姐さんはいい人だった。何か事情があったんだろうさ」

「倒すべきは、ノーライフキングだ。彼を倒し、彼に寝返った奴らにも、落とし前を付けさせる。今度こそこの手でリ・ッキを。頼む。協力してくれないか?」

「分かった。手伝うぜ」
オレは改めて、彼に手を貸そうと決めた。

姐さんの役に立てるなら、姐さんにとってもリキが敵だというなら、オレも手を貸す。

「ありがとう。そのお礼に、キミの仇を探すのに協力させてくれ」
「できるのか、そんなこと?」

「心当たりがある。キミの探している下手人は、血を使って魔方陣を作った、と言っていたね? 実は、ノーライフキングも、同じような手を使う。彼はそうやって、グールを形成するんだ。もしかすると、リ・ッキの正体は同じ男かも知れない」

「言い切れるか?」

「人間だったらしいけど、彼は始めから人間ではなかった可能性もある。何らかの事情でキミの世界飛ばされて、力を取り戻すために事件を起こした。それなら、辻褄が合う」

話を聞いている限り、リ・ッキとリキが同一人物である可能性は濃厚だ。

だとすれば、敵は共通しているというワケか。

「よし、じゃあそのリ・ッキとかいう野郎を探そうぜ。カミュの親分」
「オヤブン?」
「ああ。この世界じゃ、あんたがオレの親分だ。よろしく頼むぜ」

カミュが、サティに目を移す。
サティは大げさに肩をすくめた。

「この山を下りれば、フェロドニアという街がある。明日はそこで情報を集めよう。それと、ボクをオヤブンって呼ばないでね」

「そっか。『二代目』って呼ぶ方がよかったか?」
「そういう問題じゃないから!」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く