話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

二代目は男装吸血鬼

カーテンから抜け出して、カーミラさんが挨拶をする。
肩を出した黒のワンピースは、膝上数センチがやや透けていた。美しさの中に妖艶さが混じって、実に蠱惑的だ。

それにしても、カミュにやたら似ている。
カミュと双子だと言われたら信じてしまう。

「カミュの野郎、姉妹がいるなら言ってくれりゃいいのに」
クスクス、とカーミラさんは笑う。

「あの、ボクがカミュなんだけど?」
カーミラさんが、自身をカミュだと名乗る。
「だってお前、髪が」
初めて会ったときは、ショートだったじゃないか。

「くくっているんだよ。帽子で隠せば、ホラ」
カミュは丁寧に、銀色の金髪を結んだ。

オレは、カミュがうなじを上げた仕草にドキリとなる。
「どうかしたかい?」
「なんでもねえ」
心境を悟られまいと、カミュから視線をそらした。

「変なの」と、カミュがベレー帽を被る。確かに、カミュへと早変わり。

なんと、今日一番驚いたかも知れない。
「マジか、女装趣味とかじゃなく?」

「失礼ですよ。カミュ様ことカーミラ・バートリ・カルンスタイン様は、男装の麗人なのでございます」
手をナプキンで拭きながら、サティが部屋の中へ入ってくる。

「お夕食の準備が整いました」
「ありがとう。キミも食べなよ、トウタス」
一晩中歩き回っていたので、腹が減っていた。しかし、ゾンビに満腹感なんてあるのだろうか。

それより、食事って普通の食い物だよな?

「心配ないよ。サティのご飯はおいしいんだから」
「じゃあ、遠慮なく。ところで、オレの背中に、ビシャモン天の刺青があったんだ」

シャツを脱いで、オレはカミュに背中を見せる。

「これは」
興味深そうに、カミュもオレの背中を覗く

「オレも驚いてるよ。地球でオレが彫った入れ墨が、こっちの世界にも彫られている」

トウタス・バウマーだった頃には、こんな入れ墨はなかった。

「キミの場合、刺青と言うより魔方陣に近いね」

一般的な入れ墨は、絵柄が浮世絵に近い。
オレの場合は、外国人がやるような幾何学的な模様を意識している。抽象画のような。

「世話になった姐さんの趣味でよ。前時代的な入れ墨に興味がないんだと」
「その姐さん、というのが、キミの背に入れ墨を彫ったのかい?」

「ああ、今は外国で働いてるよ」

「ふーん、そっか」
顎に手を当てながら、カミュは首をかしげた。

「変な話だったか?」

「ううん。なんでもない。ボクはキミに、ビシャモン天の加護を付与した。それによって、キミの身体は腐らない。背中の刺青は、ビシャモン天の力が、前世の記憶と共に宿ったせいだよ。刺青だけが前世のままになったんだ」

普通のゾンビだと、腐敗が進むのは免れない。カミュの能力では死者を蘇生できるのみ。
オレにはビシャモン天の力が宿っている。
そのおかげで、オレは普通に生活もできるとか。
誰もオレがゾンビだと気づかない。

「それより食事にしよう。もっとキミの話を聞かせてよ。ボクがどうして男装しているかという話もしておきたい。それと」
オレから視線を外して、カミュは顔を赤らめる。
「早く上着を着なよっ」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く