話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

お控えなすって!

だが、待て。
ゾンビって普通、自分の意思なんてねえよな?

「その割に、自我はあるが?」

「意識まで征服しようと思えばできたけどね。それだと柔軟な対応が難しくなるんだ。意思決定もボクがやる必要があるから」

カミュの笑みを見て、オレは再び思考の沼に入る。本当にコイツは男性なのか、と。

「あんたが、オレを生き返らせてくれたわけだな」
「飲み込みが早いね。もっと混乱するかと思ったけど?」

この手の「異世界モノ」における知識は、それなりにあると自負している。姐さんからレクチャーされているしな。

「いや、いいんだ。それより」

オレは中腰になって、膝を折る。片手を腰に、もう片方の手を差し出した。

「お控えなすって、わたくし、トウタス・バウマー。またの名を、田島組若頭・樺島かばしま 尊毘とうたすと申します。ちったあケンカの腕に覚えがありまして、誰が呼んだか、『田島の毘沙門』とまで呼ばれるように相成りました。ですが今ではすっかり幼い身体になりまして。再びお天道様の下に顔向けできるようにしていただいたご恩、この貧相な身体なれど、お役に立てておくんなせえ!」

オレが仁義を切ると、カミュ少年はオレの手に自分のたなごころを置く。

「う、うん。分かったよ。見た目に反して硬派なんだね、キミ」
苦笑いを浮かべ、カミュ少年はポツリと、「とんでもない人物の魂を呼び覚ましてしまったなぁ」と呟いた。


「キミは、異世界から来たんだね?」
「へい。そのようで」
「驚かないんだね?」
「姐さんのおかげで、知識は豊富でござんす」

向こうの世界で世話になった姐さん・組長の娘さんは、この手の「ふぁんたじぃ」に詳しかった。なので、異世界の勝手は大体分かる。

また、トウタス少年だった頃の知識があるので、この世界の金銭、政治、宗教などは頭に入っていた。
この村での知識しかないが。

言語も、こっちの世界風に変換されるらしい。

「なら、特に問題ないか。あと、口調は無理しなくていい。ボクはこう見えて一〇〇歳以上生きているけれど、見た目は同い年なんだし」

「よっしゃ。で、何をすればいいんだ?」
普通の口調に戻し、オレはカミュに問いかける。

「とりあえず逃げよう。キミに何が起きたか話す」
オレは、村の西側へ急ぐ。

あそこは墓地だ。人の出入りは少なかろう。
人が隠れているなんて思われない。
森にも近くて、近所の街へ抜けられるはずだ。

「キミの土地勘に任せよう」
カミュは、オレの後を追う。

「で、ゾンビ化って言っていたが、具体的にオレはどうなった?」
火が蔓延しているが、汗をかかない。
オレの身に何があったのか。

「身体が、ゾンビ化したんだ。アンデッドの最下級に」
カミュが、懐から黄金に輝く杯を取り出した。

柄は蓮華の花を思わせ、形状は亀の甲羅に似ている。
グラスではなく、和風の小皿状だ。

「これは『万年蓮華の杯』と言ってね。自分の血をこの杯に注いで飲ませると、対象の体に神通力を宿せるんだ。死ぬ間際の人間を蘇生させる効果もある」

ゾンビと言うが、オレの身体は生前のままである。これも、杯の効果らしい。
腹にできた穴も、いつの間にか塞がっていた。

「ボクの先祖が、世界中の神格と親しくてね。ありとあらゆる調度品を譲ってもらっていた。ボクはそれらを受け継いだんだ」
「なぜ、オレだった?」
「こう見えてボクは魔王でね。でも、自分の兵隊が戦で負けてしまって。勢力を復活させる為に兵隊を集めていたんだ。トウタスだけが対象ってわけじゃなかったんだ」

仲間を探していたのか。

「じゃあ、あんたが村を襲ったわけではないんだな?」
「とんでもない。ボクが駆けつけた頃には、あんな風になっていた。キミが唯一の生き残りだったけれど、間に合わなかった」

なぜか、急にカミュがオレから視線をそらす。

「聖杯で、ボクの血を飲ませるつもりだったんだけど、血がノドを通過してくれなくてね、仕方なく」
照れくさそうに、カミュがオレを横目で見た。

「く、口移しで」

OH……。
オレのファーストキスが、殿方とは。

姐さんに聞かれなくてよかった。絶対に新刊のネタにされる。

「つまり、ボクのせいでキミは、ゾンビになっちゃったんだ。まともに助けられなくてゴメン」
カミュは伏し目がちになる。

「とんでもない! こうしてまた生き延びることができたんだ。死んでるけどな。恨んじゃいねえよ」

「でも、アンデッドって制約が厳しいよ。日中出歩くと目が痛いし」
それは辛いな。

「ゾンビって人を食うか?」
「それはグールだね。大丈夫。キミは普通の食事が取れるタイプだよ。そこまで人間をやめてない」

それはよかった。ならば、カミュを襲う心配もなかろう。

「ああ、くそ」
偶然、「バウマーの家」を横切る。家の中で無残に横たわっているのは両親だ。

思わず、足を止めてしまう。
見るな、と頭が叫んでいるのに、視線を外せない。

「急ごう。まだ敵がいるかもしれな――伏せろ、トウタス!」

カミュの声に反応し、オレは身体をスライディングさせる。

火の玉が三つ森の奥から飛び出し、オレの家に直撃した。
火の手はオレをあざ笑うかのように、木の壁をなめ回す。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く