話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

イタリアにいる姐さんへ……

イタリアに居を移した姐さん、元気にしていらっしゃるでしょうか?
オレはボチボチ、達者で過ごしています。
死んじまったけど。
ゾンビに生まれ変わっただけで。

異世界っていうんですか?
そういう場所に来ちまいました。
そこで第二の人生を歩んでいる最中です。

ゾンビですがね。

それにしても、なんでしょうな。
「バ美肉異世界転生ゾンビヤクザ」なんて、設定盛りだろ、って我ながら思うんですがね。


あれから、縁談はありましたか?


すんません、オレ、せっかくの姐さんの好意、断っちまって。

いいえ、何も姐さんが気に入らねえってわけじゃないんです。
オレはもうちょっと細身でウンと年下が好き、ってだけで。

姐さんの住む業界で言うところの「ロリ」とか、そういうんじゃねえ。
きっとねえと思います。
これは断言できますし。

そう、目の前にいるカミュが、あまりにもオレにドストライク過ぎるだけでして。
男じゃなかったら結婚申し込んでるところですけど。

別に姐さんの部屋がゴミ屋敷で、片付けに駆り出されるのがずっとイヤだったとかそういうのでも――

「さっきから、何をブツブツ言っているんだい?」
オレの前で、カミュが問いかけてきた。

しまった、つい本音がダダ漏れに。

気がつくと、もうすぐ森を抜けるところだった。

「キミのおかげで、魔物に遭遇しなくて済んだよ」
「とんでもねえ。単に森に詳しいだけさ」

トウタス・バウマー時代の記憶が役に立っている。
比較的夜でも明るく、安全な道を選んだ。
おかげで、木の根に足を取られることも、モンスターに見つかることもない。

「お、着いたよ」
森の中心に、洋館が姿を現す。

「いつもは、幻覚で普通の屋敷にカモフラージュしているんだ」
「こんな屋敷が、村の近くに」
「最近、越してきたんだ」

こういうセーフハウスを、カミュは世界各地に何件か持っているらしい。

「ボクを追ってきた連中に嗅ぎつけられそうだったけど、無事なようだね」

鉄の格子に、真っ赤なバラが絡まっている。
カミュは、確認するかのように、バラを一輪改めた。これが警報装置なのだという。

「じゃあ、さっきのグールは」
「ボクを探していたんだろうね。そのせいでキミの村は」
カミュは伏し目がちになる。

「いいんだ。あんたにも事情があるんだろ?」
「ありがとう。じゃあ、案内するね」

カミュが門の前に立つと、ひとりでに格子状の門扉が開く。

「入って」と言うので、オレは頭を下げて中へ。

「お帰りなさいませ、カミュ様」
エントランスでは、一人の紳士がカミュに頭を下げている。頭を上げると、骨だった。片目にモノクルがはまっている。

「ただいま、サティ」
「が、ガイコツ。スケルトンか?」

オレが後ずさると、サティという名のガイコツはモノクルを直した。目なんてないのに。

「失礼な輩ですね。仮にも魔王の側近にその人ありと呼ばれていた死神・『一三階段サーティーン』を、ただのスケルトン呼ばわりとは」

「それはすまねえ。慣れていないモノでね」
「カミュ様を送ってくださったようですので、そのお礼はさせていただきます。ですが、いくら魔物と言えど、ここは魔の領域。お引き取りを」
フンと、ガイコツは鼻を鳴らす。

「違うんだ。ボクが招いた客だ。彼の名はトウタス。ボクの友人になってくれたゾンビだよ」
「なんと。それは失礼を。さあ、中へ」
カミュがオレを紹介すると、サティはあっさりと態度を変えた。

「信じるのか、オレを?」

「あなたをというより、カミュ様の観察眼を、ワタクシは信じております。カミュ様は先ほど、あなたのことを配下ではなく友人と紹介なさいました」

そういえば、そうだな。

「カミュ様の勘に狂いはございません。カミュ様があなたを認めたのでしたら、きっと本物なのでしょう」

そういうが、サティ自身はあまり納得していないようだ。

親分であるカミュは認めているが、初対面のオレにまで気を許すつもりはないらしい。

これは、仕事で信用を勝ち取るしかないだろう。

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く