話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!

しーとみ@映画愛好家

生足魅惑のアンデッド

部屋に入るなり、サティの小言が。
「カミュ様、お召し物が乱れているではありませんか。あれほど表に出るときは慎重に、と申したはずです」
サティはカミュの肩に手を回し、一回転させる。まるで泥んこで帰ってきた我が子を指摘するオカンのよう。
「すまないね」

どうやらこのサティというガイコツ執事、カミュを甘やかしている様子はない。

「トウタス、悪いけど表で待っていてくれないか?」
シャツのボタンに手をかける直前、カミュは責めるような視線をオレに送ってきた。
オレは部屋を出る。いくら同性だからって、遠慮がなさ過ぎたか。

「あなたもお着替えを。隣の部屋をご自由にお使いくださいませ」
カミュを置いて、サティはオレを隣の部屋のドアまで先導した。

「脱いだモノは、クローゼットの側にあるカゴに。シャワーもございます」

シャワーがある、ねぇ。
確か地球でも、一六世紀にはシャワーがあったらしいからな。

「分かった。遠慮なく使わせてもらうぜ」
「ワタシは夕食の準備を致します。では」と、サティは屋敷の奥へ去って行った。

隣の部屋に入って、オレは息をのむ。
ダンスホールかよ、と思わせるほどの広さがあった。
オレの住んでいるアパートが、全室入るくらい広い。
カミュの部屋ではカミュしか見ていなくて分からなかったが、これでただの衣装部屋とは。

シャワーは、学校のプールにあるような、全身に吹き付けるタイプだった。
珍しさもあって、ついつい楽しむ。
身体を流し、身体を拭く。
適当に洋服を吟味した。まあ、これくらいならマシだろう。

オレは、側にあった姿見に自身を映した。
うん。やはり普通の少年だ。見た目はキレイで、線も細い。樺島かばしま尊毘とうたす時代の鍛え抜かれた身体は、見る影もない。

せっかくなので、下に目を移した。

自慢だったソードオフも、今ではデリンジャーのサイズになってしまっている。一〇代後半だというのに、いまだ生えそろっていない。これが「ショタ補正」というやつなのだろう。

同じなのは、童貞なことくらいか。

「ん?」
オレは自分の背中に違和感を覚えた。妙に熱いのだ。何かが熱を持った物質が、オレの背中に張り付いている。

「これは!?」
たまらず、オレは部屋を出た。
裸足で廊下を駆け抜ける。

ノックもせず、カミュのいる部屋へ。

「なんだこりゃ、カミュ! オレの背中に」

「きゃあ!」

カミュの部屋に入ると、小柄な人物がビックリした表情でカーテンに身を隠した。やや胸の膨らみがあったので、少女だと分かる。セミロングヘアの髪がまだ濡れていた。彼女も入浴直後だったらしい。まだ着替えが済んでいないのだ。

我に返ると、オレの方もマッパだと気づく。

「すんません、部屋を間違えました!」
前屈みになって、退散する。

「部屋は合ってます。どうぞ着替えが済んだら戻っていらして」
「そうなんですか? では、ソッコーで戻ります」

部屋に戻り、慌てて着替えた。

今のは誰だ?
カミュに似ていたが、家族がいるのか。
今度、本人に聞いてみよう。

改めてカミュの部屋へ。

「先ほどは失礼しやした。どうも、トウタス・バウマーです」
「こんばんは。カーミラ・バートリ・カルンスタインです」

「バーチャル美少年受肉異世界転生ゾンビヤクザおじさんとか設定盛り過ぎだろぉー!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く