話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

カタリくんが本当に男子かどうか確認したい!

しーとみ@映画愛好家

全カクヨムユーザーが確かめたい永遠の謎

「見事KAC10まで辿り着いたね。おめでとー。図書券を渡しに来たよ」

小説投稿サイト「カクヨム」の企画する、「三周年記念選手権」を全て書き終えたオレの前に、一人の少年が現れた。

カクヨムのマスコットキャラ、カタリくんだ。

「ありがとう。せっかくだし休んでいってほしい。まあお茶でもどうぞ」
オレもカタリくんにお茶を振る舞う。

「ねえねえ、きみってまじで男子なの?」
オレは、思い切ってカタリくんに尋ねてみた。

「うん、そうだよ!」
「じゃあ、確認させてくれないか?」

「えー」

えー、じゃねえよ。

「君が男子かどうか確認したいのは、オレだけじゃないはずだ。全カクヨムユーザーが確かめたい永遠の謎なんだよ!」

「おっさんひくわー」

いやいや、大事なトコでしょ。


「どうしてボクが男の子だ、って信じてくれないの?」

「ズボンのせい」

彼の穿いている短パンは、男子が着るにはちょっとスリットあるような気がする。

一昔前の半ズボン小学生で躊躇するレベルなのだ。

「それを言ったらさ、陸上選手なんてみんな女子じゃん」

まあそうですがね!

「普段使いでそのズボンは短すぎではないですかね?」

「そうかな?」

「それにヘソ出しってところもポイントが高い。細マッチョがやっていたら『ああ、肉体美を披露してるのねー』と思える。でも。キミレベルの顔立ちの子がやると、ゾクゾクするというか」

「そっかー。じゃあ、今度からちゃんとお洋服入れておくね!」

服を直されてしまった! 逆効果!

「でもヒジとかヒザの関節は隠してないから、関節具合で男女の見分けって付かなかったっけ?」

確かに。
『女装男子の見分け方は、関節を見ればいい』
とは、聞いたことがある。

だからこそ、世の女装男子はニーソを穿く。角張ったヒザを隠すためだ。

「だから、ボクは男の子さ!」

「それでも納得できない。確認させて欲しい」

「えーやだよー。見れば分かるじゃん」


うーん、ここはひとつ、助け船を呼ぼうか。

「いかがっすか、ハンバーグ師匠?」
少年の隣で優雅に緑茶を嗜む女性に語りかける。

「私、リンドバーグなんですけど……」

バーグさんがツッコミで返してきた。

「バーグ師匠も気になりません? 彼が男かどうかを!」

「そうですねぇ。可愛かったら男子でも女子でもどっちでもいいのでは?」

ですよね。あなた方はそう言いますよね。いつもそうだ。カワイイは正義であり、真理だ。

「おっさんは、ボクが男子だったらまずいの?」

「そうじゃない! 女子だった方がマズイかな?」

「どうしてさ?」

「女子だったら、一緒にお風呂に入れないじゃないか!」

「うわぁ……」

ドン引きされた。

「ボクは男の子だよ。おっさん。それに、男同士だとしても、おっさん相手じゃお風呂なんて一緒に入りたくないよー」

「えー! 来るって分かってたから沸かしておいたのに!」

風呂場で温度を確かめる。おお適温! それに春だし、ちょっと熱めにしてあるのだ!

「まじひくわー」

カタリくんは首を振って、玄関へと向かう。

「知らない男の人と一緒に入浴する趣味はないよ。図書券は置いて帰るから好きに使ってね、それじゃあ」


「ちょ待って!」


カタリくんとハンバーグ師匠は、オレの静止も聞かず帰ってしまった。

お茶だけが冷たくなっていく。

カタリくんが口をつけたカップが。

これは家宝にしよう。

しかし、味見するのもいいな。

口をつけようと思っていたら、一羽のフクロウが窓を突き破って入ってきた。
手際よく、オレの手からカップを奪い、持ち去ってしまう。

やるなカクヨム。
切り札どころか、トドメもフクロウとは!

「 カタリくんが本当に男子かどうか確認したい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く