話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転移で神の力貰ってしまったのだが

三日月

第12話〜神殿探索〜

俺は神殿に入った、中は通路が迷路の様になっておりたまに魔物の気配も感じる。

「さて、行きますか」

ん?いざ行こうと思ったら目の前になんかいた、ブニブニしている見た目なのでスライムだろうか?

「可愛いな」

本当に可愛い、持ち帰ってペットにしたいくらいだ


「うぉっ!?」

いきなり襲ってきやがった!人がペットにしてやろうと言うのに

「仕方ないな」

そう言って俺はエルからもらった剣を構える、この剣は重さがちょうど良く戦いやすそうな剣だった、でも

「俺剣術とか剣の使い方とか分からないんだけど」
「よし、聞きに行こう!」

「テレポート」

そう言って俺はエルのいる空間へ飛んだ

「あっ、明彦君ヤッホ〜」

「どうもエル様、早速ですが剣の使い方とか教えてくれませんか?」

「モンスターと戦うためだね」

「はい、お願いします」

「うん、分かった」

そう言って俺はエル様から剣の使い方などを教わった、二時間くらいしか教わってないのだがかなり使える様になった気がする。

「ありがとうございました」

「うん、私の神殿攻略頑張ってね!」

「はい、頑張ります」

おれは元いた空間に戻ってきた、目の前にいたスライムは、あれ?さっきまで一匹だったよな?それが今は十匹ほどに増えているではないか、えぇ〜エル様の空間に行ってる間に増えたのかな?まぁ問題ないけど。

「さて、やるか」

そしておれはエル様に教わった剣術で戦った敵は弱くて瞬殺してしまった
そしてスライムを倒したら階段が現れた、この下の階層に行けるのだろうか?

「行ってみますか」

そして俺はさらに下の階層へ潜っていった


中ボスらしい二つのツノが生えた狼に襲われたりしたが武器の強さと能力の強さで圧倒できた


地下50階層に来た目の前にはでかい扉がある

「入ってみるか」

ここに来るまでにかなりのモンスターを倒してきたがエル様からもらった神の力や剣術を使って何とか突破してきた、やっぱ時間と空間を操るって強いな

「行くか」

そう言って俺は扉を開けた


「クラス転移で神の力貰ってしまったのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く