話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転移で神の力貰ってしまったのだが

三日月

第1話〜プロローグ〜

俺は小林明彦、オタクって言っていいのか分からないけど周りは俺のことをオタクとか言ってくる、そしていじめ紛いの行為を良くされている、まぁ慣れちゃったけどね
別に気にしなければ良いだけだし。

いつも通りの朝のホームルーム中周りの人はいつもよりも騒がしかった、それもそのはず今日は転校生が来るらしいからだ。 

「はい!席について」 

担任がやってきた、隣にいるのが転校生だろうか?

「え〜、皆さん楽しみにしてたでしょうが 
      転校生を紹介したいと思います!」 


「はじめまして、私はカミラと言います 
       よろしくお願いします」  

とても可愛い見た目だ、まるでどこかのお姫様のような 


「早速ですが先生ちょっと廊下に行っててもらってもよろしいでしょうか?」 


「分かった、ただし少しだけよ」  

なんだ?一体何をする気だ


「ごほん、さて皆さん異世界に興味はありますか?」 


俺はあいつの言葉に興味を持ってしまった
なぜかって?まぁ簡単に言えばそういった感じの本を読んだりしてるからである


「あの、どういう意味ですか?」 

おっクラスの人気者佐藤星光君じゃないか
このクラスの学級委員であり、顔もいいし
勉強もできるおまけにスポーツ万能、モテる要素を全て持っているとても憎たらしい人である。

「そのままの意味です、今からあなた達には異世界に行ってもらうのです」 

「えぇ〜」 

クラスみんなが叫んだ、とてもうるさいまるで動物園だ。 

「うるさいですね〜口答えは許しません 
     嫌でも連れてきます」 

突然足元が光ったと思った瞬間穴に落ちてしまった。 

これがいわゆるゲート的な感じなのだろうか?
にしては今にも死にそうなスピードですが  

                              



地面が見えてきた、これこのまま落ちたら骨折程度じゃ済まないだろうな〜
と考えていると 

「ちょっと失礼」 

突然腕を引っ張られ、どこかに連れてかれてしまった。

「クラス転移で神の力貰ってしまったのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く