話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【冒険者組合 七つの大罪】

ibis

1章10話

「──ぁ……」

 【欲深き狼】の支部の外──そこに、金髪金瞳の少女がいた。
 テリオンとソフィアの姿を見て、頭部から生えているキツネ耳がピンと立ち、臀部からぶら下がっているキツネ尻尾がゆらゆらと揺れ始める。

「……遅かったわね」

 少女の隣に立っていた女性が、どこか不機嫌そうな視線をテリオンに向ける。
 その予想外の人物に──思わずテリオンが大きく目を見開いた。

「コキュートス……? なんで?」

 少女を守るように立っていたのは──コキュートスだった。
 テリオンの言葉を聞き、呆れたような顔で答える。

「組合長から頼まれたのよ。あなたたちに手を貸してやってくれって……話は聞いているわ。あなた、随分ずいぶんと無茶したそうね」
「……悪い」
「別に、私はどうも思っていないわ。けど、組合長があなたの心配をしているの。組合長に余計な心労をかけないで」

 どこまでも組合長主義の考えに、思わずテリオンが苦笑を浮かべた。

「それで、相手は?」
「『第二級冒険者』のアルバトス。二つ名は“八つ裂き猫ケットシー”だ」
「ああ、あの問題冒険者……なら、ガルドルの心配は必要なさそうね。組合施設ホームに戻るわよ」

 きびすを返し、コキュートスが組合施設ホームへと向かい始める。
 その後に続き、ソフィアも歩き始めた。
 ──いいのか?
 助けに来てくれたガルドルを置いて、安全な所へ移動するなんて……本当に、いいのか?

「何考えてるか知らないけど〜」

 ソフィアの声に、テリオンは顔を上げた。

「もしもまた勝手に行動したら〜──あたし、テリオンくんに何するかわからないよ〜?」

 こちらを振り返るソフィアが、妖艶な笑みを見せた。
 ──ゾクッと、テリオンの背筋に悪寒が走る。
 この感じは……そうだ。まだ【七つの大罪】に入ったばかりの頃、ソフィアから【魅了チャーム】を使われて遊ばれていた時の感覚に似ている。

「テリ、オン……様……」

 クイクイと袖を引っ張られる感覚に、テリオンは視線を下に向けた。
 ──フォクシー種の『獣人族ワービースト』が、どこか心配そうにテリオンを見つめている。
 ……そうだ。俺の任務は、この少女を救い出して安全な所で保護する事。
 ガルドルなら大丈夫。きっと大丈夫。

「……ごめん。行こうか」

 フォクシー種の少女と共に、テリオンも組合施設ホームを目指して歩き出した。

────────────────────

「わはー! なにこの子! めちゃくちゃ可愛いじゃん!」

 組合施設ホームに戻ったテリオンたちは、そのまま会議室に足を踏み入れた。

「おい組合長。ソイツもしかしたら『獣人族ワービースト』の国の王族かも知れないんだから、あんまり撫で回さない方がいいと思うぞ?」

 白い円卓を囲んでいる八つの椅子──その内の一つに座るテリオンが、少女を撫で回す組合長に忠告とも取れる言葉を飛ばした。

「わかってるよ! それにしても可愛いね……キミ、名前は?」
「……ミリア=ゼナ・ヴォルガノンです……」
「ミリアちゃんだね! 私はサクラ! サクラ・キリュウインだよ! よろしくね!」
「は、はい……」
「そこまでにしとけ組合長。ソイツ、困ってるだろ」

 されるがままになっているミリアの姿を見て、テリオンが組合長を引き離した。
 名残惜しそうに離れる組合長──と、先ほどまでいたコキュートスが、いなくなっている事に気づく。

「あれ? コキュートスは? それに、ディアボロとジャンヌも……」
「ディアボロとジャンヌは、別のクエストに行かせたよ。ディアボロがいたら……テリオンたちに加勢に行くとか言って、皆殺しにしそうだったし。多分、明日の朝頃に帰って来るんじゃないかな?」
「そうか……コキュートスは?」
「『冒険者機関ギルド』に今回の騒動の報告に行ったよ。テリオンたちが行くより、『第一級冒険者』であるコキュートスの方が……ま、信頼があるからね」
「それもそうか……」

 となると……残っているのは、組合長にリリアナ、テリオンとソフィアだけか。
 そんな事を思いながら、テリオンは自分を見つめてくるミリアに声を掛けた。

「よし。明日になったら、『黒の出会い』に行くぞ」
「『黒の出会い』……?」
「あー……お前の事を売ってた場所だ。覚えてるだろ?」
「……また、あの場所に……?」

 テリオンの言葉に、ミリアが不安そうに声を震わせる。

「別にお前を売るわけじゃないから、安心しろ」
「じゃあ……なんでですか……?」
「あの店の店主に、お前が無事だって事を知らせないといけないからな」

 グリグリとミリアの頭を乱暴に撫で、テリオンは組合長に視線を向けた。

「それでいいよな、組合長?」
「そうだね。可能なら、その子を故郷に連れて行ってあげて。多分、両親も心配してるだろうから」
「了解だ。おい、話は聞いてたな? 『黒の出会い』に行った後、そのまま『獣国』に──」
「い、や……」

 今にも聞いてしまいそうな──だが底知れぬ絶望を含んだ呟きに、テリオンたちはミリアへ顔を向けた。

「いや、です……もう、あそこには……もう、いや……」
「お、おい? どうした?」
「……ああ、なるほど。そういう事だったんだね」
「組合長、どういう意味だ?」

 一人納得したような表情の組合長が、テリオンの質問に答える。

「そもそもおかしな話だろう? この子がガルドルの言う通り王族の子なら、『獣国』から何かしらの情報があるはずだ。だけど、『獣国』からそう言った情報はない。となると、考えられる理由は3つになる」
「3つ……?」
「1つ。この子が王族でない可能性。だけど、この可能性は低いと思う。ガルドルも言ってたと思うけど、『獣人族ワービースト』の王族は黄金のフォクシー種なんだ。だから、この子はほぼ100%王族だと言える」

 怯えたように震えるミリアの頭を撫で、組合長がさらに続けた。

「2つ目は、この子が何かしらの犯罪に巻き込まれた可能性。この可能性も低いと思う。1つ目の理由と同じく、普通だったら捜索願いが出てたりするからね」

 そして、最後の一つは──

「この子が、王族から見放された可能性」
「「なっ──?!」」
「……………」

 驚愕するテリオンとソフィア──いや、二人だけではない。少し離れた所から見ているリリアナも、驚いたように眉を上げていた。

「……沈黙は肯定と受け取るよ。だとすれば、別の推測が必要となる」
「別の、推測〜……?」
「うん。何故この子は王族から──家族から、見放されたのか」

 ──ぶるりと、ミリアの体が震えた。

「王権争い? 派閥争い? 後継争い? いや、きっとどれも違う──ねぇ、ミリアちゃん」

 ミリアの前にしゃがみ込んだ組合長が、柔らかい笑顔で──この場に合わない表情で、言った。

「──キミの両親は、誰?」

 ──言葉が出なかった。
 今の組合長の言葉は、つまり──

「……私は…………『獣国』の女王と、その愛人の間に産まれたんです……」
「愛人……」
「先日、その事がバレてしまい、女王は国外に追放されて……残された私は、売られました」

 ガタガタと震えながら、青白くなった唇で続ける。

「何日も馬車に揺られて……そして、この国に辿り着きました」
「なるほど……それをたまたま目撃したのが、テリオンとソフィアだったんだね」
「ん〜。見つけたのはテリオンくんだけどね〜」

 話を聞いていたテリオンは……気づかぬ内に、ミリアの頭を撫でていた。

「んっ……テリオン、様……?」
「……ごめんな」
「え?」
「気づいてやれなくて、ごめんな……」

 ……何が英雄になりたい、だ。
 何がヒーローになりたい、だ。
 たった一人の少女が絶望の中にいたのに、それにすら気づけていないじゃないか……ッ!

「……組合長、コイツはどうなるんだ?」
「コキュートスが『冒険者機関ギルド』に行って報告してるだろうから、そろそろ『冒険者機関ギルド』の職員がミリアの保護に来ると思うけど……」
「……な、なあ、組合長」

 おずおずといった様子で、テリオンが続ける。

「この子……どうにかして、一緒に生活できないか……?」
「え? うん、もちろんそのつもりだけど?」

 ──え?

「二人も、それでいいよね?」
「ん……もち、ろん……」
「あたしもいいよ〜」
「ってワケで! ミリアちゃんはどうする?」

 組合長が笑顔を見せ、ミリアに手を差し出した。
 数秒、ミリアが迷うように組合長の顔と差し出された手を交互に見て──遠慮がちに、組合長の手を握る。

「よ、よろ、しく……お願い、します……?」
「よーし決定! それじゃ、早速歓迎会の準備をしよう!」

 ポカンとした表情のテリオンを置いて、組合長がミリアの手を引いて部屋を出て行く。
 やれやれとため息を吐くソフィアがその後を追い──完全に置いて行かれたテリオンの肩に、リリアナがポンと手を乗せた。

「心配、しなくても……組合長あのひと、は……独りぼっちの、小さな子を……放置したり、しない……それは、テリオンも……知ってる、でしょ……?」
「それは、まあ……」
「組合長、は……沢山の、人たちを……あの、小さな体で……救って、きた……わたしも、そう……コキュートスも、ディアボロも……みんな、あの人に……救われて、ここにいる……」

 ふっと微笑を見せるリリアナの言葉に──テリオンは、冒険者に憧れた日の事を思い出していた。
 そう……あれは確か、テリオンがまだ八歳くらいの頃。孤児院の子どもと喧嘩して、感情のままに孤児院を飛び出したあの日。
 ──テリオンは、人身売買の犯罪者に連れ去られそうになった。
 あの時の恐怖は、今でも忘れられない。
 こうしてテリオンがここにいるのは──御伽噺おとぎばなしの英雄のような冒険者に助けてもらったからだ。

『ったく……子どもが一人でウロウロしてんなよ。俺っちがたまたま通り掛かったから良かったけどよ……んあ? 俺っちの名前? 俺っちは『第一級冒険者』の──だ。んじゃま、縁があったらまた会おうぜ、少年』

 その冒険者はまるで、炎のように赤い『竜人族ドラゴニュート』だった。
 あの時の衝撃は、今でも忘れられない。
 そう……あの日からだ。
 テリオンの英雄好きに拍車が掛かったのは。

「……組合長に、救われている……」

 思えば、テリオンも組合長に救われていたのかも知れない。
 英雄に憧れて、あの日の冒険者に憧れて、ただ一心に己の力と【技能】を磨き続けていたテリオン──だがそこには、いつも不安があった。
 ──俺が英雄なんかになれるのか? あの日の冒険者のように強くなれるのか?
 そんな不安を消し去ってくれたのは──突如、テリオンがお世話になっていた孤児院に現れた組合長だった。

『英雄? なれるよ、キミなら。その【技能ちから】とその心があれば、御伽噺おとぎばなしの英雄なんて足元にも及ばないヒーローにだってなれるさ。だから──私に、キミが英雄になるお手伝いをさせてくれないかな?』

 組合長にそう言われて、テリオンは【七つの大罪】の一員となった。
 そんな事を思い出し──テリオンの口元が、自然と笑みの形になっていた。
 孤児院の仲間は言った──お前なんかが、英雄なんかになれるかよ、と。
 孤児院の保護者も言った──冒険者は危険な職業だから、ならない方が良い、と。
 テリオンの事を間違っていないと言ってくれたのは──組合長だけだった。
 そう……テリオンもまた、リリアナたちと同じく──

「組合長に、救われたのか……」
「テリオーン! リリアナー! 準備をするから手伝ってー!」

 こちらを呼ぶ声に、テリオンとリリアナは顔を見合わせ──テリオンが言った。

「あの人、完全にガルドルの事忘れてるよな」

「【冒険者組合 七つの大罪】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く