話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【冒険者組合 七つの大罪】

ibis

1章8話

「──準備は良いかな?」

 ──夜。
 第八区画にある【欲深き狼】の支部にやって来たテリオンたちは──目の前の建物を見上げ、表情を引き締めた。
 ──デカい。
 さすがは【Bランク冒険者組合】に匹敵する実力を持つ、物の売買をメインに活動している商業系【冒険者組合】。金は余るほど持っているのだろう。

「……テリオン。今からボクたちがするのは、人によっては間違いだと言われるかも知れない。他の【冒険者組合】に乗り込んで、拐われた奴隷を取り返す──言葉では美しく聞こえるが、実際にやる事は……ただの暴力だ」
「……ああ」
「もちろん、話し合いで済むのならそれが一番だけど──間違いなく、【冒険者組合】同士の戦闘になる。それでも……キミは戦うかい?」

 柔らかな問い掛けに、テリオンは──力強く頷いた。

「当たり前だ」
「よし……ここからはボクが臨時で指揮をるよ。ソフィアはここで待機だ。外の様子を、キミの目を通してリリアナに伝えてくれ」
「は~い」
「ボクが正面から突っ込んで暴れる。テリオンは……窓や裏口から【欲深き狼】の中に侵入して、フォクシー種の『獣人族ワービースト』を探してくれ。戦闘は、できるだけ避けるように」
「おう!」
「基本的に、リリアナの【千里眼インサイト】を通して指示を出す。頼めるかな、リリアナ?」
『ん…………任せて……』

 一通ひととおり指示を出し──ガルドルが、腰に下げていた刀を抜いた。

「それじゃあ──行くよ」

 ガルドルが足に力を込め──脚力を爆発させる。
 木製の扉を刀で斬り捨て、建物の奥へと消えて行った。

「よし……んじゃ、俺も行ってくる」
「……テリオンくん」
「ん?」
「無理はしないようにね~?」
「……おう! ──【制限だらけの英雄リミット・ヒーロー】っ!」

 【制限だらけの英雄リミット・ヒーロー】を発動し──跳躍。
 そのまま建物のバルコニーに飛び乗り──

「【守護の英雄ガーディアン】っ!」

 拳を硬質化し──窓ガラスを殴る。
 粉々に砕け散った窓ガラスを踏み締め──テリオンは【欲深き狼】の第八区画支部に侵入した。

「……うわ、広……」

 部屋が多い。廊下が長い。
 ここからあのフォクシー種の『獣人族ワービースト』を探すとなると……何分掛かるかわからない。
 ──と、どこからかバタバタと騒がしい足音が聞こえ始めた。
 慌てて近くの部屋の扉を開け──鍵が掛かっていなかった事に感謝し、部屋の中に入って扉を閉める。

『──襲撃だ! 奇妙な格好の『獣人族ワービースト』が玄関にいるぞ!』
『『第三級冒険者』を集めろ!』
『店の奥にある商品部屋の鍵を閉めたか?!』

 騒がしい声が、テリオンの隠れている部屋の前を通過し──足音が少しずつ小さくなっていく。
 ……行っただろうか。
 ゆっくりと扉を開け──誰もいない事を確認し、部屋を出る。

「商品部屋……店の奥……」
『──テリオン……』
「リリアナ? どうした?」
『ガルドル、からの……伝言…………店の奥に、多分……テリオンが、探してる……『獣人族ワービースト』が、いる……可能性が、高いって……』
「了解」

 短い返事を返し、テリオンが店の奥を目指そうと──して、リリアナの声がテリオンを止めた。

『待って……』
「ん? なんだ?」
『……ガルドルが、言うには…………『獣人族ワービースト』がいる、部屋を……『第二級冒険者』が、守ってるって……』
「……だから?」
『絶対に……無理は、しないで……』
「おう」

 リリアナからの念波が終わった事を確認し、テリオンは勢いよく駆け出した。

────────────────────

「ふぅ──!」
「いっ──てぇええええっ?!」
「なんだおい、あの『獣人族ワービースト』?! 『第三級冒険者』じゃ相手にならねぇぞ?!」

 高速で駆け回るガルドルが、冒険者とすれ違う度に刀を振るい──その度に血が噴き出る。

「安心していいよ。致命傷じゃないから。『回復魔法』で治療すれば、傷痕も残らないよ」
「な、なんかヤバイ事言ってるぞ?!」
「『第二級冒険者』は?! アルバトスはどこに行った?!」
「商品部屋の見張りに行かせちまったよ! クソ、なんでこんな時に……!」

 慌てる冒険者の声を聞きながら、ガルドルはリリアナに話し掛けた。

「リリアナ、テリオンに伝えてくれたかい?」
『ん…………今、その部屋に……向かってる……』
「そうか……」

 迫る剣を躱し──剣を振るった男の顔面に、ガルドルが拳を放った。
 鼻血を撒き散らしながら吹き飛ぶ男──と、奥にいる冒険者から、魔法の気配を感じた。

「──『ファイア・ボール』っ!」
「『ウィンド・カッター』!」

 灼熱の炎球が、不可視の風刃が、ガルドルに向けて放たれる。
 対するガルドルは──左目に付けていた眼帯を取った。

「使うか──【消魔の魔眼イレイザー・アイ】」

 ガルドルの左目が魔法を捉えた──瞬間、炎球と風刃が文字通り
 ──【消魔の魔眼イレイザー・アイ】。
 視界の中にある魔力を消す【技能】である。
 魔法を使う相手には、絶対的な力を誇るが──魔力自体を消してしまうため、普段は眼帯で隠している。
 というのも、洗濯機や冷蔵庫、水道などは魔力を使って動かしているので、ガルドルの魔眼が発動すると──動かなくなってしまうのだ。

「なっ……ま、魔法が……?!」
「ふっ!」
「がふっ?!」

 鮮やかな蹴りが、近くにいた冒険者を吹き飛ばし──さらに距離を詰め、冒険者の腕や足を刀で斬りつける。

「く、くそ……! てめぇ、何者だ?!」
「うん? ボクかい?」

 動きを止め、ガルドルが──普段の穏やかな様子からは考えられないような、邪悪な笑みを見せた。

「──ボクの名前は、ガルドル・ミラード。【冒険者組合 七つの大罪】所属の『第二級冒険者』さ」
「【七つの大罪】の、ガルドル・ミラード……って、まさか……?!」
「“武士サムライ”のガルドルか?!」

 『第二級冒険者』、ガルドル・ミラード。
 組合長と『冒険者機関ギルド』から与えられた二つ名は──“武士サムライ”。
 組合長の提案で、この二つ名になったのだが──詳しい意味は知らされていない。

「一つ聞きたい。ここにフォクシー種の『獣人族ワービースト』がいるはずだ。どこにいるか大人しく教えてくれないかな?」
「てめっ、どこでその情報を……!」
「囲め囲め! 数で攻めろ!」

 騒がしい冒険者の姿に、ガルドルが刀を構えた。

「教えてくれないなら、しょうがないね。キミたちを動けないようにして、奥に進むよ──【獣心の解放ビースト・ハウル】」

 ──ドッグンッッ!! ドッグンッッ!!
 何かが脈打つような、大きな音。
 音の出所でどころが、ガルドルの体から出ている──そう認識した瞬間だった。

「ふ、ぅぅぅぅぅ……! あ、があっ……ッ!」

 ──ガルドルの腕が、灰色の体毛に覆われる。
 指先から獣のような爪が生え、鋭い犬歯が鋭い牙へと変化。
 両足も灰色の体毛に覆われ──半人半獣の歪な生物に変化したガルドルが、ギラギラと輝く灰瞳と魔眼で、冒険者の姿を捉えた。

「さて……ろうか」

 口元を獰猛に歪ませるガルドルが、【欲深き狼】の冒険者に襲い掛かった。

────────────────────

 【欲深き狼】第八区画支部──の地下。

「──ここか?!」

 テリオンが乱暴に扉を開け──扉を開けっぱなしにして次の扉に飛び付く。

「違う……ここじゃない!」

 舌打ちしながら、ひたいから流れ落ちる汗を拭う。
 ──広すぎる。
 侵入してからずっと『獣人族ワービースト』を探しているが──全く見つからない。
 店の奥にある商品部屋──まだ奥にあるのだろうか。

「クソが……!」

 ここら辺にはいないと判断したのか、テリオンが廊下を走り出した。
 近くにある扉に手当たり次第に掴み──中に何もない事を確認して、次の扉を掴む。

 ──いない。いない!
 時間がてばつほど、ガルドルの負担が大きくなる。それに、商品部屋から『獣人族ワービースト』が移動させられるかも知れない。
 焦るな、落ち着け。ガルドルなら大丈夫だ。

 走り回って乱れた鼓動を落ち着かせようと、深呼吸しながら扉を開け──

「ん……?」

 ──開かない。鍵が掛かっている。
 まさか、ここに──

「【制限だらけの英雄リミット・ヒーロー】っ!」

 全身の筋力を底上げし──力任せに扉を開く。
 ガゴッ! と鈍い音を立てながら扉が壊れ──その先に、檻があった。

「……ぁ……」
「見つけた……!」

 檻の中に、フォクシー種の『獣人族ワービースト』がいた。

「悪いな、遅くなった……大丈夫か?」

 室内に足を踏み入れ、できるだけ優しい声で問い掛ける。
 こくんと、少女が小さく頷いた。

「ちょっと待ってろ。今出してやるからな」

 檻に近づき──テリオンが鉄格子を掴む。
 そして──ギギギッと鉄格子が歪んだ。
 少女が通れるほどの隙間を作り……ポカンとしている少女に、テリオンが安心させるように笑みを見せた。

「おいで。一緒にここから出よう」

 檻の中の少女に向け、手を差し出す。
 テリオンの顔と、差し出された手を交互に見て──恐る恐るといった様子で、テリオンの手に触れた。

「名前は?」
「……ミリア……ミリア=ゼル・ヴォルガノンです」
「ミリアか……とりあえず、ここから出よう」
「……はい」
「リリアナ。少女を見つけた。今から組合施設ホームに連れて戻るぞ」
『ん…………了、解……ガルドルに、伝えるね……』
「頼んだ……よし、行こう」

 少女の手を握り、部屋を出る。
 さて──どこをどうやってここまで来たか、全く覚えていない。
 とりあえず窓のある部屋を探して、外に飛び出るのが手っ取り早いかも知れない。
 そのためにはまず、この地下から一階に行かなければ。

「……お……こっちだな」

 地下から一階への階段を見つけ、少女のスピードに合わせてゆっくりと上がる。

「あの……」
「ん、どうした?」
「……あなたの、お名前は?」
「テリオンだ。テリオン・フリオール」
「テリオン、様……」

 長い階段をひたすらのぼり──ようやく一階に着いた。

「よし、ここまで来れば──ッ?!」

 近くの部屋にある窓から外に出ようと考えていたテリオンが──何かを感じたように、勢いよく廊下の奥に目を向けた。

「──あぁ? オイコラてめぇ、そこで何やってんだぁ?」

 ──暗い廊下から、男の声が聞こえた。
 ディアボロやコキュートスという『第一級冒険者』には届かないが──それでも、『第二級冒険者』であるガルドルやリリアナに匹敵するような覇気。

「……誰だ、お前」
「オイオイオイ。オレらの組合施設ホームに勝手に上がってんのぁてめぇだろぉ? あぁコラ、失礼なガキだなぁオイ」

 暗闇から姿を現したのは──薄緑色の髪の男だ。
 背中からは薄緑色のひし形の羽が四枚ほど生えており、腰には六本の短剣を下げている。

「“八つ裂き猫ケットシー”のアルバトス……!」
「あぁ? んだてめぇ、オレの事ぉ知ってんのかぁ?」

 六本の短剣を持つ『妖精族フェアリー』──前に、どこかで聞いた覚えがあった。
 アルバトス・ピリアナ──『冒険者機関ギルド』から与えられし二つ名を、“八つ裂き猫ケットシー”。
 モンスターだけでなく、冒険者にも手を出す事のある──問題冒険者だ。

「……ミリア。窓を探して、外に出ろ」
「で、でも、テリオン様は?」
「お前が逃げる時間を稼ぐ……わかったら行けッ!」

 テリオンの鋭い声に、ミリアが駆け出した。
 この場に残ったのは──二人。

「チッ……んな夜中に侵入して来やがってよぉ──覚悟ぉできてんだろうなぁ?」
「はっ……なかったら、ここにいねぇよ」

 『第五級冒険者』、テリオン・フリオール。
 『第二級冒険者』、アルバトス・ピリアナ。

 冒険者としての格も、経験にも雲泥の差がある二人が──今、激突した。

「【冒険者組合 七つの大罪】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く