もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

再戦〜3〜

 創造神様が天界に帰り俺たちも家に帰ることにした。

「あー、疲れたよ」
「何が疲れたんだ?」
「神様だけあって神聖さがあったのか、近くに居るだけで気疲れしたんだよ」

 やはり神様。そこら辺は調整しているとは思うけれど、少し漏れている神聖さにやられてしまった。そして、もふもふなルルの上に広がって倒れている。
 その後は特に何も起きず3日が経過し、今日はミリアとウミの再戦の日だ。
 エルフの森の人達も今日は仕事を休みにしたりしてこの戦いを見に来ている。

「ミリア。作戦は決まったか?」
「はい。ウミ様を必ず倒せる作戦を考えましたよ」
「ほう? それは楽しみだな」
「それでは、行きますよ!!」
「来い!!」

 そして、試合が始まると同時にミリアが土魔法でゴーレムを作り出した。そのゴーレムは全長3メートル程の大きさで両手に風と火の魔法を纏っていた。そして、ミリア自身は両手に風の魔法を纏っている。
 そんなミリアに対してウミは得意な風と火の魔法で巨大なボールを空中に作った。

「「行くよ!!」」

 ミリアのゴーレムが地面を鳴らしながらウミに向かって走っていく。重いこともあり動きが遅いがそれをミリアの風魔法が補助する。
 そして、素早くなったゴーレムはウミに向かって攻撃を仕掛ける。火の魔法を纏っている右手でウミをぶん殴る。
 ウミはその腕を避けて、火と風の魔法で作ったボールから火の玉を発射した。
 発射された魔法がゴーレムに当たるとミリアが風の魔法で軌道をずらした。

「ゴーレム強いな」
「でしょ!? 私の得意な魔法よ!!」

 ミリアのゴーレムは魔法適性の高さも相まって物凄い防御力を持っている。その防御力を披露する間も無くミリアの風魔法で魔法が防がれてしまう。

「めんどくさいなぁ」
「ふふ、これが私の最強ゴーレムよ」
「むー。刀が使えないのが悔しい」
「魔法では私の勝ちよ!!」
「けどね。これからだよ」
「へー、このゴーレム倒せるんだ」
「もちろんだよ。それじゃ、行くよ!!」

 そして、空中にあった火と風の巨大なボールをゴーレムに向けて放った。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く