もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

再戦〜2〜

 次の日。俺たちはエルフの森のコロシアムにやって来た。
 コロシアムはエルフたちの魔法の練習に使われていた。今日はウミとミリアの試合を見るためにエルフの森の殆どの人が集まった。
 なんでも、ミリア自体がエルフの森の人たちと仲良くやっているのもあり、勉強しかしていないミリアが戦う姿を観たいらしい。

「ウミ様」
「なんだ?」
「ルールは如何致しますか?」
「そうだな。なんでもありで、即死級の魔法は禁止で良いか?」
「はい。では、イサミ様。よろしくお願いします」
「分かったよ。それでは!! ミリアvsウミの戦いを始めます。ルールは簡単即死級の魔法以外なんでもありです。それでは、試合!!! 開始!!!」

 そして、合図と共にウミが刀を取り出し、ミリアに斬りかかった。その洗礼された動きに誰もが驚きミリアがやられる姿を想像しただろう。そして、ウミがミリアの頭に向けて刀を振るった。

「キャッ!?」

 コロシアムの何処かからか叫び声が上がった。と、同時に金属音が鳴り響いた。

「お? それは……」
「はい。護身用に渡されたナイフです」
「ほー、って事は使い方も教わったのか?」
「もちろん。です!!」

 ミリアがナイフで受け止めいたが、思いっきり振ってウミを吹き飛ばした。

 そして、吹き飛ばしたと同時にウミが吹き飛んでいく後ろに炎と風の壁を作り出した。

「ん? それはやばいな」

 ウミは吹き飛ばされながら壁の方を向いて、刀を十字に振った。すると、炎と風の壁に穴が空いた。

「え!? 嘘でしょ?」
「まだまだだな」

 ミリアがその壁を消して次の行動に移ろうとした時、すぐ隣に炎の球体が現れた。

「バンッ!」

 ウミが一言そう言うと、炎の球体が爆発し炎が凄い勢いで散らばった。

「っあ!?」

 ミリアはすぐに水魔法をそれに当てようとしたが、当てる前に爆発したので消化も出来ずに、もろに炎を受けた。

「あっ、あっ、い、痛いッ!!」
「ほれ、水だ」

 服が燃え皮膚にまで到達し、火傷を負ってしまった。
 そこに、ウミが上から水を振りかけた。

 それを見た時、俺は少し目を背けてしまった。服が燃えた事によって素肌が所々から見え、ウミのせいでずぶ濡れになって、もうエロい。

「えっと、どうする? まだやる?」
「……う」
「う?」
「うぇぇぇぇん!!」

 そして、ミリアは泣いてしまった。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く