もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

ワンツーマンの教室

 次の日俺とウミの2人で学校に向かった。領地運営の授業の見学をするためだ。
 学校の案内はウミが知っているようなので、ウミに頼み、学校への通り道で銀色の何かが横になって寝ているのを見つけた。

「あれって、ルルだよね?」
「えぇ、ルルだと思いますよ」

 と、言う事でルルを起こしに近づいていく。

「おー、これは……凄いの一言に尽きるな」
「だな」

 ルルは、ウロボロスのように丸まっている。そして、ルル自体結構なモフモフなので境目が分からなくなっていてただの銀色のモフモフになっていた。

「おーい。ルル、起きろ〜」

 俺が近づいて起こしてあげると、ルルは飛び跳ねて起きた。

「ご主人!!!」

 ルルは1日ぶりにあったご主人に興奮している。その証拠に尻尾が左右に勢いよく振られている。

「お、ちょっと、や、やめろよー」
「ご主人! ご主人!!」

 ルルは、その勢いで俺を押し倒して顔を舐めてくる。
 そして、ルルが離れたのは俺の顔がベチャベチャになってからだった。

「ご、ご主人。ごめんなさい」
「い、いや。大丈夫だよ。次は気を付けてね」

 俺は、水魔法で水を作り出しそこで顔を洗い、ルルを加えて学校に向かった。
 学校は、まさかの気をくり抜いて学校として使っていた。

「これが学校か」
「この木全部が学校だぞ」
「全部? 全部って? 全部?」
「そうだ。この木、下から上まで全部だ」

 学校に入るには一番下のところにある受付のような場所に行く必要がある。そこから階段を上がって教室に向かう。

「おはようございます」
「おはようございます。あのー」
「はい。エルフ長から話は聞いていますよ。階段を4つ上がった目の前の教室ですよ」
「ありがとうございます」
「それと、教師と生徒には見学者が来る事を伝えてあるので教室には普通に入っていって良いですよ」
「分かりました」

 受付の人に教えてもらった教室に向かうと既に授業が始まっていた。

「失礼します」

 ドアは前と後ろに一つずつあり、後ろのドアを開けて中に入る。

「君が見学の人だね。後ろに席を用意しているのでそこに座って見学していくと良いよ」
「ありがとうございます」

 その教室には教師と生徒が1人だけでワンツーマンで教えていた。
 その生徒はこっちを向かずに黙々と勉強をしていた。それに、やっぱり後ろ姿に見覚えがあった。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く