もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

はじめてのオーク肉

 クロ達が帰ってきて咥えて来た獲物はオークだった。それを解体しようとしたが上手くいかなかった。

「だ、だれか解体出来る……?」
「妾、出来るぞ」
「ごめん。お願い。ありがとう」
「う、うむ。任せろ」

 ウミに解体は任せて、魔力袋からフライパンと鍋、調味料を取り出した。

「さて、セイラ〜! 取ってきたやつ見せて」
「はいよ〜」

 セイラを呼んで取ってきてもらった山菜を見せて貰いどう料理するか悩んだが、山菜は揚げが一番おいしいと俺は思うので、山菜の天ぷらを作ることにした。
 お米を炊き上げている最中に天ぷらを揚げ、解体が終わったお肉を縦20cmぐらいの長さに切り分け、塩と胡椒を表裏に振って焼く。
 オークは油が豊富で焼いて食べると口の中でとろけるので、一般的にも人気な一品だ。けれども少しお高い。

「お米は炊き終わった。天ぷらも上々。お肉はあと少し」

 みんなを呼び寄せ席に着かせる。お米は俺とウミとセイラが食べるので3人分よそい、山菜も3人で分け、お肉はみんなで食べる。ルルの唾液が小さい水溜りになる頃、お肉が焼き上がった。

「お待たせ!!」

 出来上がった料理並べて、頂く。

「頂きます」

 やはり最初に食べるのは山菜だ。山菜に塩を振り食べる。揚げたてなので口に入れるとサクッと音を立てて口の中に入っていった。山菜のほんのりとした苦さ甘さ、そして塩のしょっぱさが合間って最高としか言えない。
 ウミとセイラの表情を見ても笑顔で美味しそうに食べている。
 オークのお肉を箸で持ちあげるとお肉の重さで二つに切れた。

「嘘。こんなに柔らかいの?」

 今までこんなに柔らかいお肉を見たのは初めてだ。だけど、こんなに柔らかいと気になることもある。お肉は歯応えがあるからこそ美味しいとも言える。こんなに柔らかくてお肉を食べてる感触があるのかどうか?
 そう思いながらオークのお肉を口に運び、一度噛むと一気に肉汁がドバッと溢れてきた。あんなに柔らかかったお肉が噛めば噛むほどうま味が溢れて来る。ちゃんと歯応えもある。

「何これ……美味すぎる」

 一度はお肉だけで味わい、次はご飯と一緒に食べる。

「うーまい!!」

 口の中でお肉の肉汁とご飯が絡み合い、最高に美味しい。

 その後もオークのお肉と山菜の天ぷらを堪能して昼食を終えた。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く