もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

リュメルvsメルコ

 次の試合まで控え室で待っていると、メルコが入って来た。

(終わったんだ)
「……次の試合。やろうよ」
「・・・え?」

 入ってくるなり、メルコはちょっと笑顔でいきなりそんな事言って来た。びっくりしていると、案内の人も「試合ですよ」と言ってきた。

「え、あ、分かりました」

 案内されている最中に、タンカーで運ばれているメシャーナとすれ違った。

(勝ったのはこの人か)

 そして、試合開始のゴングが鳴った。

「動かない」

 リュメルは様子見で動かない。けれども、メルコはニヤニヤした顔でこちらを見てくる。
 何か仕掛けてきている。そう思う様に仕向けてきているのか。それとも、既に罠を仕掛けて嵌るのを待っているのか。

「悪いけど、早めに決着を付けさせてもらうよ」

 リュメルが地面を蹴ると同時に風魔法を地面に向かって放った。そうする事で、あり得ないほどの跳躍力で空に高く舞った。

「っ!?」

 それには、メルコも驚いていたが闇魔法の漆黒のボールをリュメルに向けて放つが、リュメルは背中の方で風魔法を使い横にずれた。
 空中では、体をずらして避ける事が出来ない。それを今まさに不可能を可能にした。

「……ふーん。なかなかやるじゃん」

 リュメルはザッと着地した。

「行くよ」
「……あぁ」

 リュメルが魔法を発動しようと魔力を練るが、メルコが漆黒のカマで先手を取って攻撃して来た。

「なっ!? 武器!?」
「……これは、魔力で作られるからルールに従ってるよ」
「そんなのあり?!」

 両手のカマを後ろに下がりながら避けるが、武器を持っていないリュメルは少し不利だ。
 だが、リュメルが練っていた魔力を風魔法に変え、リュメルとメルコの間に風魔法を発動させ2人を吹き飛ばした。

「危ないなぁ」
「……へー」
「ふー、よし! ふっ!」

 リュメルは風魔法を手に集め形を作り出した。

「……そんな簡単に出来ないよ」
「うるさいわね」
「……そっ、まぁ、勝手にさせてもらうよ」

 リュメルが風魔法で武器を作ろうとしていると、メルコがそのステージをドーム状に包み込んでしまった。

「ちっ、暗い」

 リュメルはそう言って、火魔法を地面に円を描くように打った。

「これで、明るくなったね」

 この、リュメルの何気ない魔法がこの勝負を分けた。

 ステージをドーム状に影ができる様にしたのだが、リュメルの火魔法の所為で影が無くなり、メルコが地面から湧いて出て来た。

「そこね!!」

 そして、ものすごい吸収能力で風魔法を剣の形に変化させ、風の剣が出来上がりメルコを倒した。
 倒すと、ドームも消えてリュメルの勝利でその試合は終わった。


『ゼロの剣聖』と言う新しい小説を書き始めました。
もし宜しければ読んでみて下さい。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く