もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

ホテル

 クロ達と一時のお別れをして、会場に設置されているホテルに向かった。

「にしても、本大会だとホテル用意されてるんだね」
「そりゃそうだよ。この大会は既に各国の支援を受けて開催してるんだぞ」

 そして、ホテルの中はまさに「高級」の二文字が合う内装だった。

「ま、まさかここまでとは……」

 まぁ、驚くのも無理はないと言われた。
 だって、森の中に立派な建物があって、その中が国の王が泊まるんじゃないか!? ってぐらいとても立派なんだよ。
 驚かない訳がない。

「な? 凄いだろ?」
「……うん。凄い」
「それじゃ、受付に行こうか」

 受付に行くと、既に部屋が決まっていて、僕とレイドの2人部屋なのだが、4人とか5人で泊まれる大部屋に通された。

「間違ってませんか?」
「いえ、合ってますよ。学園長様が、お客様達はこの部屋でとご指名でしたから」

 あの人は事あるごとに僕に贅沢をさせて来る。

「そ、そうですか」
「荷物はこちらで宜しかったでしょうか?」
「はい。ありがとうございます」
「それでは、失礼します」

 その人が部屋を出て行き、レイドがジト目で聞いて来た。

「お前、学園長でも脅してるのか?」
「脅してないよ!! 僕だって驚いてるんだから」
「ふーん」

 何故こんなに学園長に厚意にされているかと言うと、学園長に僕と王様が友達だと言う事を聞いたからだ。

「さ、このあと数週間はここで過ごすんだから、荷物整理しよっか」
「よし、やるぞ!」

 荷物整理は順調に終わり、開会式の時間が迫って来た。

「おーい、レイド! 早く行くよ」
「ちょ、お前速いよ。俺まだ荷物整理終わってなんだけど!!」
「ったく、しょうがないな。手伝うよ」
「ありがとうな。俺こういうのは苦手なんだよ」
「あ、そうなんだ。それじゃ、これからは一緒にやろうよ」
「助かるわ」

 レイドの荷物整理も片付くと、既に開会式が始まっていた。

「急ぐよ!!」
「おう!」

 走ってホテルを出ようとすると、受付の人が声をかけて来た。

「お客様!」

 その声に足を止めて振り返る。

「こっちから行けますよ!」

 そう言って、受付の中に入って事務所の方に案内された。

「こっから、行けますよ」

 受付の人は、本棚を横に動かして隠し通路を見せて来た。

「ここから一直線です。では、楽しんで来てください」

 そう言って、背中を押された。
 その通路は滑り台の様になっていて、背中を押され体勢を崩しそこから「「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!」」と、叫びながら滑って行く。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く