もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

決勝〜4〜

 雷がミルさんに直撃し少し砂埃が舞っている。

「イヤ、全方位見てね」
「うん。スキル:ホークアイ」

 ホークアイとは、俗に言うTPSの視点が自分の頭の中に増える。と、いったスキルだ。これで、周りを見る為にキョロキョロしなくても全方位見る事が出来る。

「そろそろ晴れるよ」
「うん。了解」

 そして、砂埃が晴れそうになった時、何かがバチバチといっているのが見えた。

「なんだ、あれは?」

 観客席の人達もザワザワとし始めた。

「覚悟してね。メイ、イヤ。久し振りに全力で戦えるよ」

 メイさんとイヤさんは、覚悟を決めた顔でそれぞれ魔力を練り始めた。

「「さぁ、何処からでもかかって来なさい!!」」
「ふふ。行くわよ」

 そして、完全に砂埃が晴れた時、ミルさんが動き出した。

「「っ!?!?」」

 それは、音速を超え、メイさんとイヤさんに迫っていた。

「はや!?!?」
「どうやったらあんなに早く動けるのよ!?!?」

 隣にいるレイドとリュメルがそれぞれ驚いている。
 もっと、驚け、もっと驚け。

 メイさんとイヤさんに迫ったミルさんは、反応出来ない速度で後ろに回り込み体に纏っている雷を放った。
 が、それにギリギリ反応したのがメイさんだ。練っていた魔力を壁にしてギリギリで防いだ。

「それはもう、効かないよ」
「防げるようになったんだね」
「お姉ちゃん。ありがとう。次は私が!!」

 イヤさんは水の壁でミルさんの逃げ場をなくし、水の槍をそこに向かって放った。
 水の槍は、水の壁に当たる瞬間そこに小さな穴が開き、そこを通って誰もがミルさんに直撃した。その間、僅か0.8秒。

「そこに、誰がいるのかな?」
「「!?」」
「「……ミル」」

 ミルさんはいつの間にか、水の壁から逃げてメイさんとイヤさんの後ろに回り込んでいた。

「どうやって?」
「そんなの簡単だよ。水の壁が私を包む前にそこから逃げただけだよ。それじゃ、終わりましょうか」

 そう言って、雷を纏った姿のままメイさんとイヤさんの手を握りステージから落とした。その時、ミルさんの雷でメイさんとイヤさんが少し痺れていたのは言うまでも無い。

「す、凄いな。まさか、一対二で完封勝利するとは……」
「私もいつか……」
「そうだ。3人でミルさん達に会いに行こうよ」
「お、おう」「う、うん」

 その日は、後は特に見たい試合も無いので、夕御飯をミルさん、メイさん、イヤさん、レイドとリュメルと僕で食べて、仲良くなった。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く