もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

決勝〜2〜

 リュメルはうまくステージの上に着地を決めた。

ふっ、ほほおっ、とと
「お、リュメル選手の登場です!! では、早速試合開始と行きましょう!!! それでは、皆さん!! 位置に着いてください!!」

 4人はそれぞれの既定の場所に移動した。

「それでは、試合開始!!」

 ゴーンッ! と、試合開始のゴングが鳴った。

 今回の試合は魔法のみの試合なので、誰かが飛び出したりする事はなかった。
 が、みんなそれぞれの魔法を使い攻撃を仕掛けていた。

「おいおい。リュメル大丈夫かよ?」
「大丈夫! だと、思いたい」
「まさか、3人から狙われるとは……」

 今回の決勝戦に来るまでの試合で、リュメルはものすごい好成績で決勝戦までのし上がって来た。その為、最初に潰さないといけないといけないと、リュメル以外の3人の思惑が一致した。

「リュメル。大丈夫だよな」

 未だに、もぐもぐと口を動かしいるリュメルは、放とうとしていた魔法を一度キャンセルして、魔力をシールドの様に展開した。

 他の3人は、リュメルの魔法キャンセルを読んでいたのか、その一瞬の隙に魔法を放った。

「おおおっとこれは!?!? 一対三の構図の出来上がりだ!!! 魔法がリュメル選手に突撃だぁ!!! これは、リュメル選手、早い段階でリタイアか!?!?」

 実況の言う通り、決勝まで残った3人の魔法を受けられるほど、リュメルの魔法の使い方は上手くない。
 ここ最近ずっと教えている僕は分かっていた。
 リュメルの凄さは魔法の使い方の吸収の速度。そして、その時々での最善の行動に辿り着くまでの頭の回転の速さだ。

 リュメルを大きな魔法で攻撃した後、その場に砂埃が舞ってしまい、リュメルの姿を見失い、砂埃が収まるまで待っていなくては行けない。
 その時間が3人にとって危険だった。

 リュメルはシールドで魔法を一瞬だけガードした。その瞬間にシールドは魔法に耐えられなく壊れてしまった。しかし、リュメルにとってその一瞬は大きな一瞬だった。その時間で魔法が当たる範囲から逃げる事が出来たのだから。
 そして、魔力を抑えて、砂埃に隠れながら移動し、3人の上から風の刃を雨の様に降らせ、相手の意識を刈り取った。

 そして、砂埃が収まった時。ステージ上に立っていたのはリュメルただ1人だった。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く