もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

会場移動

 リュメルの戦いが終わってから2日後。
 今日は、リュメルの2回戦目と、ミルさん達の方でも試合があるみたいだ。
 ミルさん達は、去年も出ているのでシード枠で、一昨日は試合も無く暇だったみたい。

「今日のリュメルはどうかな?」
「朝に会ったけど、特に問題無さそうだったよ」
「そっか。なら、安心だな」
「そういえば、レイドは応援してる人は居ないの?」
「いるぞ。けど、先輩でこの間は試合無かったんだ」
「へぇ、てことは、シード枠なの?」
「あぁ、その通りだ」
「名前は?」
「『高嶺の花束』だよ」
「へぇ……え?」

 僕は、そこまで聞いてズザザッと後ろに下がった。

「ん? え? なんでそんなに後ずさるんだよ」
「え、い、いやぁ」
「・・・あ、ああ!? 違うぞ! 俺は、あれには入ってなかった!!」
「そ、そうなの?」
「もちろんだ!! 俺だってあれにはうんざりしてたんだよ」
「な、なんだよ。先に言ってくれよ」
「それを言う前にお前が遠かったんだろ」
「あはは。ごめんごめん」

 すぐに、元の場所に戻った。

「で、確かイサミって『高嶺の花束』の人達と仲良かったよな?」
「うん」
「なら、一緒に行かないか?」
「もちろん良いよ」

 今回のリュメルの試合だが、特に話すことが無い。
 だって、リュメルが相手の目を光で潰して吹き飛ばして終わったんだよ。
 てことで、今はリュメルとレイドと僕の3人でミルさん達の試合の会場に向かっていた。

「確か、ミルさん達は後1時間後の試合開始だったかな」
「なら、何か買って行かないか?」
「そうだよ。お昼時だし、私試合でお腹ペコペコだよ」
「そうだね。あ、あの屋台とかどうかな?」

 この一週間ほどは、学園内に屋台がちらほら見える。学園長が招き入れているみたいだ。

「おじちゃん。この、串6本頂戴」
「あいよ。お、君はさっき試合に出てた子かな? これ、サービスしておくよ」

 そう言って、串をもう一本サービスしてくれた。

「ありがとう。おじちゃん」
「良いってことよ。あ、一緒に飲み物はどうだい?」
「うん。それも頂戴」
「おう。ちょっと待っててくれよ」

 そう言って、串を手早く袋に詰めて、飲み物をカップに入れ渡してくれた。
 お金を渡して、お礼をしてからその会場に向かった。

「そういえば、イサミの魔物達は?」
「たしかに、最近見ないね」
「ん? いるよ。はい」

 僕が、手をパンッと叩くと、クロたちが姿を現した。

「「え!?!?」」
「いつも近くにはいるよ。けど、ずっと見えてるとみんな怯えちゃうから、クロの透明感のスキルでみんなを透明にしてくれてるんだよ」
「「す、凄いな」」
「でしょ? お、おお? モフラどうした? ちょ、や、やめてって、あはは」

 モフラは、ずっと僕の頭の上にいるんだが、数時間ぶりに構ってもらえて嬉しいようで、ポンポンっと頭の上で跳ねている。

「「可愛い」」

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く