もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

見た事のある食べ物

 さて、今日はバトル・スリーアカデミーの選考会がある。

「それじゃ、リュメル。頑張ってね」
「うん。頑張るよ」

 この数日間。朝と放課後の数時間をリュメルに魔法の使い方を教えて来た。途中でミルさん達に見つかり、ミルさん達にも教えていた。
 そして、今日。練習の成果を発揮する日だ。

「僕は上で応援してるよ」
「うん。ありがとうね」

 選考会のやり方は勝ち上がり戦だ。
 リュメルは、3回戦目だった。

「にしても、ものすごい人数が応募するんだな」
「当たり前だろ」
「……え? 誰……ですか?」
「酷いな。同じクラスだろ?」

 そう言われて、その人の顔をじっと見るとなんとなく、分かった。

「あぁ、なんとなく。覚えてる……かもしれないです」
「まぁ、そうだなぁ。あまり話しかけに行かなかったからな。俺は、レイド・プレイルだ」
「イサミ・ケイレードです。よろしくお願いします」
「敬語はやめてくれ。俺だってこんな喋り方なんだからな」
「分かったよ。レイドって呼んで良い?」
「あぁ、もちろんだ。俺も、イサミって呼ばせてもらうぞ」
「うん。それで、さっきの話に戻るけど、なんでこんなに人数多いの?」
「そうだな。理由はそれぞれあるが、一番の理由は就職する時に、バスアに出てたってなると色々と優遇されるからな」
「へー。そうなんだ」
「まぁな、それに出ただけで、魔法とか剣が上手く使えるって事になるからな」
「なるほどねぇ」
「そうだ。イサミは出ないのか?」
「出ないよ。僕はそこまで出る理由無いからね」

 僕は、この旅を終えたら領主になるんだ。

「そっか。ま、俺も出る意味無いからな」
「じゃさ、バスアの間一緒に観戦しない?」
「おう! もちろん良いぞ!」
「じゃ、僕ちょっと軽い食べ物と飲み物買ってくるよ」
「おう。任せた!」

 その場を離れて、何か良いものが無いかを探していると、肩をポンッと叩かれた。

「ん? って、イヤさん?」
「や。こんなところで何してるの?」
「あぁ、今日の選考会を観戦するために、何か良い食べ物か飲み物ないか探してるんですよ」
「あぁ、だったら、こっちに良いものがあるぞ」

 そう言えば、イヤさんと2人っきりって初めてだな。
 僕は、イヤさんに手を引かれて付いて行く。

「ここが凄く美味しいんだ。お姉さん。これ二つ?」
「あ、僕だけじゃないので、三つで」
「三つ下さい」
「はい。ちょっと待ってね」

 それから、少し待っていると、見た事のあるものを渡された。

「これが、凄く美味しいんだ。今は、一つしか味が無いけど、これだけでもまた食べたくなるんだ」

 そう、手に持って食べる。地球にもあった食べ物。

「クレープだ」

 僕が、そう言った瞬間。そのお姉さんがバッと僕の顔を見つめて来た。

「い、行こうか」

 僕は、その場から逃げるように、戻った。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く