もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

決闘の始まり

 それから数日後。僕は決闘会場に来ていた。

「よし。準備万端だね」

 決闘のルールは、自分の武器を一つだけ持っていける。
 特殊な結界を使っているので、決闘で負った怪我は決闘終了時には消えている。
 武器やその他を召喚するのは一度だけあり。
 負けを宣言した方が負け。

 と、言うことらしい。

「ねぇ、本当に大丈夫なの?」
「大丈夫だって。心配しないで下さい」

 僕は、決闘の控え室でミルさん、メイさん、イヤさんと一緒にいる。

「僕だって、怒るんです」
「……ごめんね」
「だから、なんで謝るんですか? 今は、ありがとうが良いと思いますよ」
「う、うん。ありがとう。イサミくん」
「はい!」

 その後、少し雑談した後、ドアがノックされた。

「イサミ選手。用意が出来ました」
「分かりました」

 誘導員さんに付いて行き、僕はリングの上に立っている。

「「「わぁぁぁぁぁぁああ!!!!!」」」

 僕がその場に姿を現すと、観客たちが大きな声をあげている。

「がんばれ!!!」
「応援してるぞ!!」
「てめぇ!! さっさと負けちまえ!!!」

 いろんな声が聞こえる。
 僕は、それを無視して気分が高揚し過ぎないように深呼吸をする。
 そして、僕の正面から男が1人出てきた。

「「「キャャャーー!!!!」」」

 その男が現れると、女性の黄色い声援が飛び交う。
 そう、その男こそが『高嶺の花束』のリーダーにして、ミルさんたちの『唯のストーカー』だ。

 その男は、その声援に応えるかのように観客席に向かって手を振っていた。
 あれが、高等部のSクラス最強にして、今年の首席と言われている男。

「やぁ、イサミくん」
「……」
「返事は、返してくれないのかい?」
「……」
「残念」

 そう言って、男は肩を竦めた。

「でもね。彼女たちは君には渡さない。あの子達は俺のものだ」

 そう言って、腰から剣を抜いた。

「さぁ、君も武器を出したまえ」
「……僕はですね。怒ってるんです」
「は?」
「なので、僕は本気で行きます」
「ほぉ」

 そして、決闘の開始のゴングが鳴った。

「俺だって、容赦しない。行くぞ」

 そいつが、剣を構えて走り出した。そして、気が付いた時には僕の目の前まで来ていた。

「クロ。来て」

 それだけを言うと、足元に巨大な魔法陣が姿を現した。
 そして、クロはそいつの剣を体で受け止めた。

「行くよクロ。ちょっとだけ本気出して良いよ。あいつが2度とミルさんたちに近付かないように、ね」

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く