もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

少し怒った

 メイさんに連れれて中庭にやって来た。

「ほんと、ごめんなさい!!」

 僕はいきなり謝られた。

「え、な、なにがですか?」
「ほら、さっきイサミくんを囲ってた人達。多分、私たちのファンクラブ……だよね?」
「あー、はい。そう、ですね」
「ごめんなさい!!」
「いや、あの、なんでメイさんが謝るんですか? 意味が分からないです」
「え、だって、私たちのファンクラブだし……」
「一つ、聞きたいんですけど、そのファンクラブってメイさんが立ち上げたんですか?」
「違うけど」
「あの人たちが勝手にファンクラブを作ったんですよね?」
「そう、だよ」
「だったら、メイさんたちは悪くないじゃないですか。だって、おかしくないですか? こっちはただ学校を楽しんでるのに、勝手にファンクラブなんて作られて、その間にルールまで設けて。近付かないようにしよう、遠くから見るだけにしよう。その中に、メイさんたちが仲良くしたかった人たちも何人かいた筈です」
「たしかに」
「そもそも、なんでメイさんが悪い事してないのに謝ってるのか。これが一番意味が分からない。悪い事をしたのはメイさんじゃなくて、ファンクラブの人達でしょ? だったら、謝るのはメイさんじゃなくて、ファンクラブの人達だよ。メイさんは怒っても良いんですよ?」
「……怒るって、でも、私たちのことを慕ってくれてるわけだし」

 メイさんたちは優しすぎる。何か、自分たちの周りに、ファンクラブの所為で害が起きても、謝ってきたのはファンクラブの人たちじゃなくて、多分メイさんたちだと思う。

「確か、この学校って決闘ってありましたよね?」
「うん。あるけど……」
「よし。じゃ、ちょっと行ってきます」
「え? ちょっと、イサミくん!? ……行っちゃった」

 僕は、メイさんを中庭に置いてとある場所に向かった。

「ここだな。失礼します」

 ドアをノックして中に入る。

「いらっしゃい。何の用かね?」

 そこには、眼鏡を掛けたお兄さんが一人座っている。

「ここに来るのは一つしか理由はないでしょう? 決闘ですよ」
「ほう。見たところ、君は今日の編入生だね? そんな君がいきなり決闘? 相手は?」
「『高嶺の花束』のファンクラブです」

 僕がそう言うと、その人は驚いた表情をしていた。

「ふむ。なるほどね。辞めて置いた方が良いと思うよ? 君、弱いでしょ?」
「そうですね。僕は弱いです」
「その顔、何か秘策があるみたいだね。分かった、その決闘僕が受理しよう。ま、相手が了承したらの話だけどね。何か、相手に伝える言葉はあるかな?」
「そうですね。『高嶺の花束』は、僕が貰う」

 そう言って、僕はその場を後にした。

「たしかに、この言葉は痛いよな」

 僕が出て行ったその部屋で、眼鏡の位置を直しながら、その男は少し笑っていた。
 そして、僕は……

「は、恥ずかしい!!!」

 トイレで悶えていた。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く