もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

学園案内

 僕は、ミルさん、メイさん、イヤさんに連れられて学園の案内をしてもらっている。

「ミルさん達って、この学校で二つ名とかあるんですか?」
「え? まぁ、あるわね」
「「私たちもあるよ」」
「聞かせてもらっても良いですか?」
「んー? 自分で言うのも恥ずかしいけど、しょうがないわね」

 教えてもらった名前は、あぁ、なるほど。と、思えるほどしっくり来た。

「でも、私たちを纏めて言う二つ名の方が有名だよね?」
「そうだね」
「うんうん」
「教えて下さいよ」
「「「高嶺の花束」」」
「理由を御所望します」

 そこで初めて知った、ミルさん達は、この学園でも頂点に立つ程の美貌を持っている。しかもミルさんは頭も良く実技でも高等部まである学園でも頂点に近いらしい。

「あの時の、ビーチバレー覚えてる?」
「は、はい」
「あの時、ミルとイサミくんのチームで私たちと戦ったじゃない? ほとんど戦力にならなかったイサミくんのチームで私たちと互角の戦いをしたのよ。あの時は、イサミくんが近くにいたから本気では戦わなかったけど、本気で戦ったら、私たちは1点も取れなかったよ。ね」
「ねー」

 メイさんとイヤさんが、ねー、と言って頷き合っている。

「ミルさんって、凄いんですね」
「う、あ、ありがとう」

 ミルさんは、恥ずかしいけどちょっと怖がった顔で下を向いている。

「え? どうしたんですか?」
「私の事、怖くない?」
「怖い? 何がですか?」
「え? う、ううん。なんでもない。えへへ」

 僕は何がなんだがよく分からなかったので、首を傾げていた。

「「よかったね。ミル」」
「……」

 ミルさんはコクコクと小さく頷いていた。

 うーん。よく分からない。

「さ、それじゃ行きますよ!!」

 ミルさんは顔を上げて笑顔で僕に笑いかけて来た。

「はい!」

 それを見ていたウミは、親のような顔でイサミを見ていた。

 そして、その光景を見ていた人がもう1人いた。

「あ、あ、あ、行かなきゃ!!」

 あの、高嶺の花束の、『笑わない花』が物凄い笑顔だ!!!!!

 『笑わない花』それが、この学園でのミルの二つ名でもある。だが、それをイサミはまだ知らない。
 『笑わない花』を笑わせ、メイとイヤのことを指す『両手の花』をその言葉の通り、両手に持っているイサミは、この学園では誰もが知っている存在へと成り上がっていく。

 そして、ミルさんを笑わせた強者が居ると、この事は学園で一瞬に広がっていった。
 その笑顔を見るために、次の日には『高嶺の花束』のストーカーが増えたのは言うまでもない。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く