もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

クラス入場

「さ、自己紹介をお願いね」
「はい。イサミ・ケイレードって言います。今は、見聞を広げるために旅をしていましたが、とある人からの推薦でこの学園に通う事になりました。今日からよろしくお願いします。後ろにいるのは、僕の契約獣です。基本的には僕の部屋に居るとは思いますが、偶に僕と一緒に行動していると思いますが、仲良くしてください」

 そう言うと、パチパチと拍手が鳴った。

「ありがとうね。席は、一番後ろの角の机ね」
「隣空いてますが、あれは?」
「あの人は、まぁ、良いんですよ」
「? そうですか」

 席に着くと、ウミ達は僕の後ろに立っている。

(なんか、変な感じするな)
(変な感じ?)
(言葉にするのは難しいけど、なんとなく、変な感じするんだよね)
(ご主人は良く分からないな)
(この後、クロ達はどうする? さっき言われてた通り、先輩が学園を案内してくれるらしいから、その間暇でしょ?)
(そうだな。我は学園を適当に歩いているぞ)
(妾はお主と一緒に行こうかの)
(私は、ご主人様に抱かれているよ)
(僕は、クロ兄と一緒に行く!)
(良いの? クロ)
(勿論だ。上に乗せてもらおうかな)
(うん! 良いよ!!)

 通信スキルで話している間、教師の人が今日の予定などを話していた。

「今日は、長期休み明けのテストを行う予定だよ。実技が二つ。筆記が三つだよ。イサミくんはその間に学園の案内を先輩2人に頼んでるから、ゆっくり案内されて来なさいね」

 朝のHRが終わり僕の周りにはクラスのみんなが集まっていた。
 みんなも経験があると思うが、転校生が来たらみんな転校生の周りに集まって質問攻めにするやつ。
 人生で初めてそれに合っている。

「どこ旅してたの!?」
「何才?」
「好きな食べ物は?」
「何の魔法使えるの?」
「剣術は出来るの?」
「え、えっと……」

 僕の周りには7人ぐらい集まっていて、全く質問に答えられない。
 その時、僕たちのクラスに3人の女性が現れた。

「おーい。イサミくん、居る?」

 その声にクラスのみんなが振り向いた。

「お、おい。あの3人って……」
「な、何でこのクラスに?」
「う、美しい……」

 クラスのみんなは、その3人に釘付けだった。
 僕は、人に囲まれていたこともあり、その3人の姿が確認できなかった。

「「イサミくんの案内に来たんだけど……」」
「あ、あれってイサミくんの契約獣じゃなかった?」
「「ほんとだ」」
「って事は、あの囲まれている中にいるんじゃない?」

 その3人がクラスに入って僕の方に来ているらしく、囲まれている場所に穴が出来た。
 そこには、僕の見知った人たちがいた。

「あ、ミルさん、メイさん、イヤさん!」

 僕のその言葉に、クラスのみんながバッと振り向いた。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く