もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

合否発表

 僕は今調理場に立っていた。

「さ、今から何か作りなさい」
「うん。分かった」

 僕は、ミルさん達にみられながらお菓子を作る事にした。

「やっぱり、包丁は大丈夫なのね」

 お菓子を作り終えたところで、なんでいきなり料理を作らせたのか聞いてみた。

「包丁は刃物で武器にもなるのに、なんで武器判定されないのかなって。多分、貴方の気持ち次第かなって思ったんだよ」
「なるほど」

 確かに、包丁は道具って思ってるし、それ以外の刃物は武器って思ってるもんな。

「にしても、イサミくん料理上手いね」
「あ、ほんとですか? ありがとうございます」

 それから、二日間が経過した。

「おーい、イサミくん。学園から封筒が届いてるよ」
「ありがとうございます」
「「早く開けてよ」」
「分かってますよ。そんな急かさないでください」

 手紙の封を開けると、中には一枚の紙ともう一枚何か入っていた。

「手紙だ」
「「「読んで!!」」」
「えっと……」
 
 手紙を読み進めていくと、そこには合格の文字が書いてあった。

「ご、合格だぁぁぁあ!!!」
「「「おめでとう!!!」」」

 これで、初めての異世界の学校に行ける!

「それで、もう一つの紙はあれじゃない?」
「あれね」
「あれって?」
「クラスが書いてあると思うよ」
「クラスか。ミルさん達のクラスはなんですか?」
「私達はみんな同じクラスよ。中等部の1年S組よ」
「S、組?」
「そうよ。クラスはE、D、C、B、A、Sの六つのクラスがあるの。Eが一番低くてSが一番高い。それで、イサミくんは?」

 僕は何組なんだろ?

「僕は、ん? なんで?」
「どうしたの?」
「一つ聞きたいんですけど、僕の年齢だと初等部の何年生からですか?」
「初等部の3年生からだと思うよ」
「ですよね。これ、見て下さい」
「「どれどれ?」」

 そこには、初等部6年Sクラスと書かれていた。

「「「飛び級!?」」」
「やっぱり珍しいですよね」
「珍しいなんてもんじゃないよ!! この学園が始まって以来の快挙だよ!!」

 話によると、今までも編入試験での合格はあったが、飛び級での合格は今まで無かったそうだ。
 これは、学園内部でも大きな話題になっていた。

 学園長自ら、飛び級での合格にしたのだから。

 確かに、この事に大きな不満を抱いた教員も居たが、その証拠となるものを提示すると、全員が納得した。

 そして、長期休みが終わったと同時に僕の新しい生活が幕を開けた。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く