もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

編入試験〜1〜

 リアンの街に入り、僕たちは一度学園に行き学園長先生に話を通すことにした。

「ここが、私たちが通ってる学園よ」

 その学園はまさに王城と同じような豪華さを持っていた。

「……何これ」
「あぁ、それは貴族様が泊まってる学園寮よ」
「うへぇ」
「貴方もそんな反応するのね」
「僕、貴族は苦手なんだ」
「そんな事、中で言っちゃダメよ。さ、こっちよ」

 ミルさんの後ろを付いて行き、門をくぐり奥に行くと、まさに学校! と、言う感じの建物が出てきた。

「ここが、私たちが勉強してる場所ね」
「おおー! ファンタジー!!」
「「え? ふぁんたじー?」」
「あ、いや、気にしないで」

 そして、僕たちは学園長先生のいる部屋の前にやってきた。

「失礼します」
「はい。どうぞ」

 中から聞こえてきたのは、可愛らしい少女の声だった。
 中に入ると、机の上に仁王立ちした少女がいた。

「え? 女の子?」
「私は、子供じゃない!」
「学園長先生。机の上に立たないでください」
「そうだな。外で待ってるのはその少年の魔物かい?」
「そうです」
「そうか。で、何用かな?」
「そうでしたね。この子の編入させて下さい」
「……ふむ、編入か……」
「はい」
「まぁ、編入自体は良いが、ここに入る為にはそれなりの地位も必要なのは知っているだろ? 君は、それを持っているのか?」

 学園長先生がそう言うと、ミルさんたちが、

「「「あ、忘れてた……」」」

 と、呟いていた。

「えっと、これを」

 僕は、一旦それを無視して学園長先生に父様から預かっていた手紙を渡した。

「……ほぉ。なるほどなぁ。うむ、地位は全く問題ないな」

 その言葉に、3人はホッと肩を落としていた。

「あとは、試験を受けるだけだ。どうする? 今日は私が暇だから私が見てやっても良いが、別の日にするか?」
「……今日で、お願いします」
「分かった。では、移動するか」

 移動の最中に、学園長先生が自己紹介を始めた。

「私は、ハイエルフのリーリエ。2234歳だ」
「2、2234歳。なるほど……」

 あれか、ロリババって言われるやつか。

「君。今変な事考えなかったか?」
「え? そんな事、無いですよ」
「……そうか」

 女の感って怖!!

「さ、着いたぞ」

 そこは、巨大な修練場だ。
 観客席まである。

「ここでは、年に2回ある学園大会が行われる会場でもある」
「学園大会?」
「それは、この学校に入る事が決まってからだな」

 そして、編入試験が始まった。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く