もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

海水浴〜5〜

「「さぁ! 私たちの言う事を聞いてもらおうか!!」」

 2人は背中を合わせ、ビシッ! とポーズを決めている。

「お先に、ミルからね」
「な、なによ」
「私たちね。欲しいものがあるんだ」
「ど、どう言うことよ」
「ほら、ミルは商会の娘じゃん?」
「わ、分かったわ。何か、割引とかしてくれるか聞いてみるわ」
「「わーい!!」」
「で、でも、どうなるか分からないわよ?」
「「うん!!」」

 ミルさんへのお願いは終わり、遂にこっちに標的は移った。

「さて、イサミくん?」
「は、はい」
「「私たちの言うこと聞いてくれるよね?」」
「……はい」
「「イサミくん。私たちが通ってる学校に一緒に通わない?」」
「が、こう?」
「今日遊んで、すごい楽しかったから。学校も通えたらもっと楽しそうだなって思ったの」

 学校。僕の歳だったらみんな行っている。僕は、貴族で勉強は全て教わり終わった。それに、地球でここよりも遥かにレベルの高い教育を受けてたから、勉強はいらなかった。
 でも、この3人と学校に行くのは確かに楽しそうだ。

「父、お父さんとお母さんに聞いてみるね」
「「わーい!!」」
「じゃ、今から聞いて来るね」

 僕は、父様と母様が横になっているパラソルのところに向かった。

「父様、母様!」
「ん? イサミどうした?」
「今更ですが、学校行っても良いですか?」
「……私は、行っても良いと思いますよ」
「そうだな。お前にも友達は居た方が良いだろうしな。よし! 学校行くか!」
「ちょっと、来て欲しいな」

 父様と母様を連れて、ミルさんたちのところに戻った。

「あ、イサミくん! と、どちら様ですか?」
「僕の両親です」
「「初めまして」」
「初めまして」
「1つ聞いてもいいかな?」
「は、はい」
「君たちは、王立学校に通ってるのかな?」
「はい。そうです」
「そうか。分かった。イサミ、学校行ってもいいぞ」

 やった!!

「今だと、編入試験があるが、まぁ、イサミなら大丈夫だな」

 そして、僕は学校に通うことが決まった。
 父様と母様はその場を去り、パラソルまで戻って行った。

「イサミくんのご両親、威厳あったね」
「「カッコ良かった」」
「そ、それで、みんなが通ってる学校ってどこにあるの?」
「そうだったわね。学校は王都の隣の領にあるわよ。えっと、リアンって名前だよ」
「でも、今は長期休暇中だから、学校やってるか……」
「それじゃ、今からみんなで行こうよ!」
「「「え、えぇ!!!」」」

 メイさんのその一言に、双子のイヤさんですら驚いていた。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く