もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

海水浴〜3〜

 僕が誘われた理由を聞いてみると、

「暇そうで、誘いやすそうだったから。かな」

 らしい。

「それで、何をするの?」
「「ビーチバレー!!」」

 そう言って、双子のメイとイヤが上着を脱ぎ捨てた。
 メイとイヤは、僕よりも身長が高く、僕の目の高さに肩が来る。
 そんな2人が目の前で上着を脱ぐとどうなるか。

「っな、な……」

 もう、目が奪われてしまう。

「「どう? 可愛いでしょ?」」
「え? あ、え、えっと、うん、可愛い。です」
「「でしょ?」」

 2人とも、まだ13歳なのに成長速度が素晴らしい。

「ほら、ミルも脱ぎなさいよ」
「え、いや。私は……」
「何言ってるの。ビーチバレーは水着でやるからいいんじゃない!!」

 そう言って、無理やり上着を脱がせた。

「う、恥ずかしい」

 さっきまでの威勢はどこに行ったのか。腕を体の前で交差して、しゃがみ込んでしまった。

「ミルは、昔から肌を殆ど見せない服装を選んで、上着でギリギリ大丈夫だったんだけど、水着みたいに肌を露出する服を着て、それを隠す上着を脱がされて羞恥心であんな風ってるんだよ」
「……な、なるほど」
「「ほら、なんか言いなさいよ!」」
「え、えぇ。この変な空気作ったのお二人じゃないですか」
「「行かないなら、あんたも脱がすわよ」」
「やめて下さい!! 分かりましたから、行きますから」

 下を脱がしに来る2人から逃げるように、あっちでしゃがみ込んでいるミルさんに方に行くと、ミルさんがぶつぶつと何か言っている。

「……私なんて……みすぼらしい肌を……恥ずかしい……」
「あ、あの。ミルさん?」
「み、見ないで!! 私の肌を見ないで!」
「ミルは、箱入り娘だったんだよ。その弊害で肌を見せるのにものすごい抵抗があるんだよ」
「よくそれで、水着を着て海に来れましたね」
「「がんばった!!」」
「そ、そうですか」

 気合を入れて、ミルさんに話しかける。

「ミルさん」
「……何よ?」
「ミルさん。綺麗ですよ」
「え? みすぼらしくないの?」
「みすぼらしいなんて、そんな訳ないじゃないですか! とても綺麗ですよ!」
「……綺麗?」
「はい。とても可愛いです!」

 そう言うと、パァっと笑顔になってバッと立ち上がった。

「さぁ! ビーチバレーを始めるわよ!!」

 ミルさんはそのままビーチバレーが出来る場所に向かっていった。

「「「ちょろい」」」

 それが、みんなの共通認識になった。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く