もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

海水浴〜2〜

 一旦、両親と別れ僕たちは別の場所にパラソルを立てた。

「よし。それじゃ、遊ぶか!」

 しかし、何して遊ぼうか。
 クロを撫でながら考えていると、声をかけられた。

「貴方、暇?」
「え、だれ?」
「それは後でやるわ。人数が足りないのよ。ちょっと来てくれない?」

 いきなりのその言い方に僕はちょっとムッとしまった。

「悪いけど、僕はこの子達と遊ぶから他を当たってくれる?」

 僕がそう言うと、その子がいきなり泣き出してしまった。

「な、なんでよ!! この私が誘ってあげてるのよ! 他の人たちもそうよ!! この私が誘ってあげてるんだから、一緒に遊びなさいよ!!」
「え、えぇ」

 何この子? 後ろで見てる人たちも「またか」みたいな雰囲気を醸し出している。

「ご主人様。行って来てください」
「ルル?」
「この人は、悪い人じゃないです」
「……分かった。えっと、分かりました。一緒に遊びますよ」

 僕がそう言うと、その子の顔がパァッと明るくなった。

「ほら、早く来なさい!!」
「うおっ! ルル達は遊んでて。迷惑かけないでよ」

 それだけ言って、僕はその人に連れられて遊び場までやって来た。

「全く貴女は、ごめんね、いきなり連れて来ちゃって」
「え、あ、いえ。大丈夫です」
「お詫びに後で何か買ってあげるよ」

 その後自己紹介をした。
 僕の事を連れてきた人は、大商会のマレイ商会の一人娘で、ミル・マレイと言うようだ。
 後ろの2人は双子の姉妹で、学校の同級生で姉がメイ、妹がイヤと言う。

「えっと、先に謝っておきますね。ごめんなさい。全く見分けが付きません」
「あはは、しょうがないなよ。先生も見分け付かないから」
「ねぇ、こんなに違うのに酷いよね」

 「「ねぇ」」と2人で顔を見合わせている。
 2人が分かっても、こっちが全く分からない。

「マレイさんは、分かるんですか? 違い」
「もちろんよ。何年一緒にいると思ってるの?」
「え、えっと2年ぐらい?」
「違うわよ。かれこれ8年は一緒にいるわ」
「年って……」
「13歳よ」
「って事は、5歳の時に初めて会ったんですか?」
「「あったり〜!」」

 2人は声も似てるので、なんか2人の言葉がハモるとすごい綺麗だ。

「凄いわね。計算できるなんて」
「え?」
「ねぇ。計算なんて、最近出来る様になったのに、その年で出来るなんて、もしかして貴族様?」
「そ、そんな事は、無い……ですよ。ほ、本が好きで、そこで、独学で……」

 自分でも分かる。変な言い訳である。

「ふーん。そうなんだ」

 な、なんとか納得してもらえた、のか?

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く