もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

ポセイドンの進化

 ポセイドンの体にどんどん水が集まり、どんどん大きくなっていく。

「一体、どんな魔法を使ったんだ?」

 クロは、至って冷静だった。聖獣故の余裕なのかもしれない。

「ふっふっふっ。お前ももうおしまいだ」

 そして、海が無くなるのかと思ったが、ポセイドンに集中していた渦巻が消えた。

「でかくなったな。ポセイドン」
「これで、お前も終いじゃ!!」

 水を纏ったポセイドンの攻撃は恐ろしいほど強くなっている。
 1発のパンチが海に当たった時、周り2kmの範囲の水が衝撃で吹っ飛ぶほどの威力を兼ね備えていた。

「ちょっと、それはやばくないか?」
「そんなゆっくりしていて良いのか?」
「何故だ?」
「俺は、海の王だぞ? 傷を負っても水に浸かってるだけで回復するんだぞ」

 ポセイドンは瀕死の状態だったが、水を大量に纏いその中心にポセイドンがいる状態、既に全回復しているのかもしれない。

「それを、我に教えてどうする?」
「ただの、余裕だ」
「そうか」

 クロが音速を超えた速度でポセイドンに近づき、腕を思いっきり振った。
 しかし、ポセイドンの体に纏った水がその攻撃を防いだ。

「いや、違うな。周りの水がポセイドンに集まっているのか」
「分かっただろ? お前では俺に勝てない。ふんっ!!」

 ポセイドンが、腕を上に持ち上げると、今戦っている場所の水がどんどん上に持ち上げられていく。

「何をする気だ!?」
「焦っているな。この世界を海に沈ませるんだよ」
「そんな事、させるわけないだろ!!」
「ご主人!?」
「久しぶりだな。このスキルを使うのも。『召喚』!!」

 その、魔法陣から出て来たのは、ウミとルルとモフラだった。

「な、何だこれは!?」
「ちょっと、クロを助けてあげて。『強化Lv.3』」
「頼む。ちょいと、これは我1人では手に負えんかもしれない」
「分かった。僕、頑張る」
「頼むぞ。ルル」
「そんな、ちっこい仲間を呼んで何になる? もう、お前たちはこの海に沈むんだよ」

 そして、僕たちはポセイドンの海に沈んだ。

「ぼぼぼぼ」

 海に沈んだ瞬間に僕は召喚スキルで新たな仲間を呼び出した。

(頼む。誰か、助けてくれ! 召喚に応じてくれ!!)

 そして、召喚陣の光が強くなり、どんどん大きくなる。

「ネネの事呼んだ?」

 現れたのは、水色の衣を纏った美しい女性だった。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く