もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

海の王 ポセイドン

 海から現れたのは槍を持ち、水色の髭を生やし、人魚の様な足のおじさんが姿を現した。

「お前達。ここが、何処か分かっているのか?」
「……は、はい」
「そうか。分かった上でここに入って来たのか。この、王の住処に!!」

 その声で、海が荒れ風が吹き荒れる。

「そんな奴らには……死がお似合いだ」

 そして、大きな津波が僕たちが乗っている船を飲み込んだ。

 かと、思われた。その瞬間にクロが動いた。

「我がいる船を沈没させる気か?」

 クロが、威圧するとその津波が船を避けて海に戻った。

「うぉっ!」

 それでも、左右から来る津波が船を大きく揺らす。

「ご主人よ。我の背中に」
「う、うん」

 クロの背中に飛び乗りそいつを見据える。

「な、何故貴方がその船にいる!?」
「この船に、我のご主人がいるんだよ。ポセイドン」
「なっ!? 神聖な聖獣の貴方が1人の人間に仕えるだと!?」
「そんなお前は、未だに人を殺して楽しんでいるのか? つまらない奴だ」
「うるさい!!」

 ポセイドンが、持っている槍を掲げるとそこに雷が落ちて来た。

「人間に仕える、聖獣。滑稽だな。お前も一緒に死んでしまえ!!」

 雷を纏った槍を海に向かって突っ込む。そして、海を伝って雷が船の船体にダメージを与える。

「もっとだ!!」

 さらに槍を掲げると、さっきよりも強い雷が降ってくる。

「ご主人」
「うん。強化Lv.3」

 その瞬間。景色が一変しまくった。自分が一体何処にいるのか分からなくなっている。

「うおっ! 止まった。ん?」
「さぁ、ここなら存分に戦えるだろ?」
「……!!! 一体何をした!?」
「ただ、移動しただけだぞ?」
「ただ、移動しただけで、一瞬で景色が変わるものか!?」
「ははは」

 クロが、誤魔化すような下手くそな笑い声を上げていた。

「バカにしやがって!! いいだろう。本気で相手してやろう」
「すまんな。もう、相手ではない」
「は?」

 クロは、水上を歩いていく。

「海の王であるこの俺に、海で勝負して勝つ気とは、お前もバカになったな」
「よく、そんな事を言えるな? 滑稽だぞ?」
「っ!? 貴様、本気で死にたいようだな」
「ま、やれば分かるだろ? 何処からでも掛かって来い」

 ポセイドンは水と雷を操るとても厄介で、人間からしたら神に等しい存在でもある。
 そして、そんなポセイドンと聖獣のフェンリル、クロの勝負が幕を開けた。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く