もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

漁〜3〜

 説明された内容は凄かった。

「イサミくんが釣って来たその魚は、ごく稀にしか釣れない、高級魚なんだよ」
「……高級魚」

 僕は、その言葉に生唾を飲み込んだ。

「そして、高級魚にもそれぞれ売った時の値段が変わるんだが、イサミくんが釣って来た魚はどれも希少魚の中でも、さらに希少な魚なんだ」
「……そ、それで。売った時の値段は?」
「気絶するなよ」




「見た感じ。最低でも、一国丸ごと買える」
「…………」
「い、イサミくん?」
「立ったまま気絶してる」

 それから、少し経ち、僕は気絶から立ち直った。

「お、起きたか?」
「は、はい。どのくらい寝てました?」
「そうだな。10分ぐらいかな」
「そ、そうですか」
「で、高級魚を釣った感想は?」
「……スー。あれは、夢じゃ無かったのか」
「ハハハ。残念ながら夢じゃ無いぞ」
「そ、そうですか。あ、クロ」
「にゃー」
「そっか。忘れてた。ケダンさん、この魚食べられますか?」
「うん? 当たり前だろ」
「そうですか。ほら、クロ食っていいぞ」
「にゃー!」

 クロの前にその魚を置くと、カプッと加えて何処かに行ってしまった。

「勿体ない」
「良いんですよ。今回はクロに食べさせるために釣りをしたんですから。それに、釣りたてを食べたいんですよ」
「そうか。だったら、釣った魚の何匹かは締めてあげるぞ」
「良いんですか!?」
「あぁ、その代わり少し食べさせてくれないか?」
「何言ってるんですか? 当たり前じゃないですか。みんなで食べましょうよ」

 そして、適当に3匹取って、その魚を締めてもらい他の魚は海に戻した。

「「「あぁ、勿体ない」」」

 他の船員の人達もその光景を見て残念がっていた。

「お金にはあまり困ってないので、食べられないぐらいの量持って帰っても、無駄死にするだけですから」
「そっか。ま、釣った人が決める事だな。俺たちは、この魚を食べられる事に感謝しか無いな」
「ほら、出来たぞ」

 ケダンさんが、魚を捌いてくれた。

「では、いただきます」
「「「「いただきます」」」」

 みんなが、そのまま食べると、みんな涙を流していた。

「う、美味すぎる」
「んー! んまい!!」
「……こんな美味いの初めて食べた」
「はぁ、もう無くなっちまった」

 この魚は、醤油に付けなくてもめちゃくちゃ美味いのだ。脂も乗ってて、口の中で溶ける様に感じるほどの美味しさを持っている。

「これは、やばいなぁ」
「だろ? これが、高級魚なんだよなぁ」

 そして、それぞれに何切れか分け、みんな漁に戻って行った。

「クロは、どこに行ったんだ?」

 クロを探しに船内を歩き回った。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く