もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

漁〜1〜

 両親からの手紙はお礼の手紙だった。
 簡単に略すと、

「イサミ、本当にありがとう。お米を収穫したは良いけれど、売り手が居なくて困っていたんだ。そんな時に、カイガランスの領主から、米を買い取りたいと申し出があったんだ。その時、なんで、米の事を知ってるのかな? って思ったけれど、イサミがそっちにいる事を思い出したんだ。多分イサミは、切っ掛けを作っただけだろうけれど、本当に助かった。ありがとう。帰って来たら、みんなでまた食事しような。元気で」

 簡単に略すとこんな感じになる。
 本当に、感謝してるんだなって手紙を読んでて感じた。

「おーい! ちょっと良いか?」
「なんですか?」

 手紙を指輪の中に戻して振り向くと、ケダンさんがニコニコの笑顔をしながら近づいて来る。

「ど、どうしたんですか?」
「君たち、明日暇か?」
「明日ですか? まぁ、特にやることは決まってませんが……」
「そうか、良かった」
「それで、何の用なんです?」
「明日、漁に出るんだが、付いて来る気は無いか? 釣りたての新鮮な魚もご馳走しよう。それに、漁とは別に個人的に釣りもしてて良いぞ」

 釣り。その言葉に僕はつられてしまった。

「い、行く」
「本当か!? 良かった! ウミくんたちは行くかい?」
「ウミ行く?」
「妾は待っておる」
「僕も待ってる」
「私も待ってる」
「……」
「? クロ? どうするの?」

 クロは、少し考えてから、

「我は付いていく」
「お、クロが来るとは珍しいね。どうしたの?」

 聞くと、クロは少し負けたような顔をして答えた。

「……魚が食べたい」
「グッ! か、可愛い」
「どうしたんだ?」
「みんな行かないみたいですけど、クロは来るみたいですよ。魚が食べたいらしいです」
「ハハハ! そうかそうか。だったら、美味しい魚を釣り上げないと行けないな」

 そして、翌日。まだ日が昇る前に起きた。

「ふぁ〜、おはようございます」
「おう、起きたか! って、眠そうだな。そっちに井戸があるからそこで顔洗って来いよ」
「はい。ふぁ〜、分かりました」

 言われた通り、家の裏にある井戸に向かうと、そこにはクロが立っていた。

「え、クロがこんな朝早くに起きてるなんて……」
「い、良いだろ。別に……」
「そんなに、新鮮な魚が食べたいのか」
「う、うるさい! あっちでは、よく掻っ攫って食べてたが、こっちではまず魚自体が少ないからしょうがないだろ!」
「あー、はいはい。それじゃ、今日は思う存分食べてくれよ」
「うむ。沢山釣ってくれよ」

 そして、ケダンさんに付いていき、港に着いた。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く