もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

もふもふするぞ〜

 宿屋に帰って来て、お宝の鑑定が終わったので、僕たちはご飯を食べて寝る準備に入っていた。

「モフラはそこでいいのか?」
「キュル!」

 モフラはいつも通り、横になっている僕の頭の上に乗って来た。

「いつもだけど、そこだと息できないよ」
「キュールー」

 何故か、モフラは嫌だー! みたいな感じで返事をして来る。

「全く、せめてここでお願い」

 頭の上のモフラをお腹の上に移動させた。

「キュルー」
「はぁ、全くだなぁ。で、クロとルルはいつも通りだけど、寒く無いか?」

 クロとルルは布団には入らずに、毛布を敷いてその上に固まって寝ている。

「にゃー」
「ワフー」
「気持ち良さそうだから良いけど……」

 いつも言ってるけど、結局はこれに落ち着くんだよな。

「ウミは……って今日は居ないのか」

 ウミは、数千年ぶりに会った王妃様と一緒に寝ているはずだ。

「楽しんでると良いな」

 そして、その日はそのまま眠った。

 次の日、僕たちはクエストを受けずに、宿屋でゆっくりしていた。

「今日は、もふもふするぞー!」
「にゃー」

 クロが、頭を僕の手に擦り付けて来る。

「なんだー、気持ちよくしてやるぞー」

 僕がクロを撫で回していると、モフラがぴょんっと、あぐらをかいている僕の足の上に乗って来た。

「お、すっぽりはまったな」

 モフラは、撫でて欲しそうに来たのに、案外そこが気に入ったのか、液体のように溶けている。

「ん? ルルどうしたの?」

 なんか、ルルの様子がおかしい。

「わ、わ、ワフ、フ……」

 ルルがどんどん大きくなっていく。

「ル、ル? え? どう……したの?」

 その光景に、僕たちは圧倒されていた。
 そして、ルルの身体から一際大きい光が発した後、瞑っていた目をあけると、そこには見たことの無い魔物が立っていた。

「だ……れ?」
「ご主人様?」

 その魔物は、銀色のサラサラした毛を生やした狼のような魔物だった。
 そこまで、頭で理解した時、僕はこの魔物が誰なのかやっと理解した。

「もしかして……ルル?」
「はい! そうです!!」

 ルルは、嬉しそうに突進して来る。

「グフェッ!!」

 ルルの大きさは少し前と比べると約3倍の大きさになっていた。その巨体がクソ弱い僕に体当たりして来たら、僕は死ねる。まぁ、死ななかったけど。

「……ルル。死ぬー」
「あっ! ごめんなさい! ご主人様」
「い、良いよ。大丈夫。にしても、立派になったよな」
「はい!!」

 一体、何故今ルルが急成長したのか。今日はその謎を解明したい。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く