もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

久し振りの日向ぼっこ

 次の日は、快晴のいい天気になった。

「それじゃ、行くよ」
「にゃー」
「キュル!」
「ワフッ!」
「うむ」

 今回は討伐のクエストを受けないで森までやってきた。

「ウミって、この辺詳しい?」
「うーむ。あまり詳しくはないな。結界の中から出なかったからな」
「そっか。なら、一旦みんなで手分けしていい感じの広場か石があったら教えてくれ」

 そして、俺はウミと一緒に行動を開始した。

「お主の膝枕。どれだけ気持ちいいのか気になるな」
「そこまで、気持ちいいとは思わないけどな」
「そうでもないぞ」
「なかなか、やってみないと分からない事もあるんだぞ」
「ほへ〜」
「聞いておるのか?」
「ごめんごめん。日差しが気持ちよくてさ」
「そうか。それだったらしょうがないな」

 その後すぐ、ルルがいい感じの場所を見つけたみたいなので、みんなを集めてその場所に向かった。

「あ、そこに行く途中に何か食べられる物があったら取っていこうね」
「料理はするのか?」
「うん。まぁ、適当に作るから楽しみにしててね」

 そして、木の実やら果物などを採って、5分後目的の場所に着いた。

「ここか」

 そこは、広場になっていて真ん中に大きな木が生えており、木漏れ日が降り注いでいる。そして、その下には丁度いい感じの石が落ちていた。

「ルル」
「ワフ」
「最高!! うりゃりゃー!!」

 ルルをもしゃもしゃーと撫で回すと、やはり嬉しそうに尻尾を振っている。

「よーし、それじゃ、それぞれ日向ぼっこを始めるか」

 僕は、その石の上に乗った。

「お主。膝枕を忘れるでないぞ」
「分かってるよ。ほら、来ていいよ」

 僕はあぐらをかいて膝をポンポンと叩いた。

「それでは、頂きます」

 そして、ウミが僕の膝の上に頭を乗せてきた。

「ほれ、頭を撫でろ」
「う、うん」

 ウミの頭は、もふもふでサラサラで何とも言えない気持ち良さを出していた。
 ウミの頭を撫でていると、クロ達が近くに寄って来た。モフラを中心にクロとルルで丸くなった。

「まったく、可愛いやつらめ」

 僕は、ウミの頭を撫でていると、眠くなって寝てしまった。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く