もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

適性の変化

 あれから、数日が経過した。

「ご主人様!」
「ん? どうしたの? ルル」

 最近ルルの急成長が止まらない。この間まで仔犬みたいな見た目だったのに、今では中犬ぐらいの大きさまで成長した。

「ずっと気になってたんですけど、なんでご主人さまは剣とか護身用とかで持ってないんですか?」
「あー、そう言えば皆んなには話してなかったよな」
「ん? なになに?」
「ご主人様がなんで武器を持たないのかって思ってさ」
「確かに、気になる」
「これはクロしか知らないよね」
「ふっふっ」

 クロは何故か得意げだった。

「ウミって適性も見えたりする?」
「見えるぞ」
「それじゃ、鑑定するぞ」
「お願い」

 そして、鑑定されて出て来た適性がこれだ。

ーーーーー
魔法適正
火:5/1
水:5/1
風:5/0
土:5/0
闇:5/0
光:5/0
回復:5/3

武術適正
−100
ーーーーー

「うわぁ。これは酷い」
「変わってる」
「確かに、変わってるな」
「前は、どんな奴だったのよ」
「前は、武器適性が持たない方がいいでしょう。見たいな事が書いてあったな」

 適性が変わるなんてあるんだね。

「だから、武器を持たないんだ。ご主人様は」
「そうだね」
「あ、ねぇ、貴方のステータス、新しくスキルが増えてるわよ」
「え!? ほんと!? 見せてよ」
「うん」

ーーーーー
名前:イサミ・ケイレード
職業:召喚士
種族:人間 年齢:9
MP:32000
LUCK:極
スキル:召喚・契約・通信・強化Lv.1
契約獣:クロ・モフラ・ルル・ウミ
ーーーーー

「ほんとだ。強化ってスキルが増えてる」
「それに、レベルなんて付いたスキルは見た事ないぞ」
「クロ、ほんと?」
「あぁ、ほんとだ。我が知ってるスキルはレベルなんて概念存在しない。このスキルはご主人と一緒に成長するスキルなのかも」
「レベルが上がると何かしらの効果が強くなるのか。よし、今から検証しに行くよ! モフラかもん!」

 モフラはぴょんと跳ねて、僕の腕の中に収まった。

「はぅ、気持ちいい」
「ほら、行くわよ」
「う、うん!」

 検証するために、討伐クエストを受けて森までやって来た。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ハイイロチョッキリ

    面白い!続き楽しみにしてます

    1
コメントを書く