もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

狐?

 順調に討伐クエストが戻って来ていた。

「さて、簡単なクエストあるかな?」

 掲示板を見てみると、簡単なクエストが無かった。

「あー、来るの遅かったか」

 今日も、採取クエストを受けようと思ったが、目の端に気になるものを見つけた。

「なんだこれ? 見たことのない人型の魔物の調査?」

 僕は、それを見て面白そう! と思った。

「これ、やらせて下さい」
「はい。分かりました。気をつけて下さいね」
「はい!」

 簡単な説明を受け、その影を見つけた森の入り口にやって来た。

「クロ。何か分かるか?」
「ちょっと待って。もうちょっと奥に入って、姿を戻してからだ」
「分かった。それじゃ、行こうか」

 そして、森の奥まで入って行き、クロがフェンリルの姿になった。

「探してみてくれるか?」
「うむ。……こっちだ」

 フェンリルに着いて行くと、そこには大きな木が生えていた。

「すごい。大きいな」

 それは、まるで世界樹に見えるほど大きな木だった。

「こんなところ、王都から見えなかったけどな」
「それは、そうだろう。ここは、いわば異界だからな」
「異界?」
「そうだ。お、来たぞ」

 木の裏から何か人型の何かが出来た。ルルとモフラを背中に隠して身構えた。

「待ってたぞ」

 そいつからの、一言目がそれだった。

 そいつは、狐の様な姿をしていた。が、

「猫?」
「猫じゃない! 狐じゃい!!」
「ナイスツッコミ!」

 そう。そいつは、狐の人型。狐人きつねびとだった。

「それで、待ってたってなんだ?」
「ふふ。助けて〜!!!」
「……!? え!?」

 いきなりそいつが瞬間移動して来た。

「お腹空いたよ〜!! お稲荷さんを作ってくれ〜!!」
「え!? お、お稲荷さん!?」

 クロをちらっとみて、通信をした。

「この世界って、お稲荷さんある!?」
「ない」

 だよね〜。

「ちょっ、待ってくれ!」

 僕は、グイッと型を押した。

「もう、お腹空きすぎて死にそうなんだよ〜!」
「分かった。けど、材料が無い!!」
「材料? つ、作れるのか!?」
「えっと、うん」
「本当か!? 今までも、いろんな人を連れて来ては聞いてみたが、みんな口を揃えて知らないって言うんだ」

 それは、そうだろう。だって地球の食べ物だもんな。

「なぁ、君に着いていけばお稲荷さん、食べれるか!?」
「えっと……多分」
「本当か!? ならば、契約してくれ!」
「? なんで、僕が契約スキルを持ってるって知ってるの?」
「あぁ、驚かせてすまんな。妾は、鑑定のスキルを持ってるんだよ」
「何!? よし、分かった。今すぐ契約しよう!」
「お、おう。いきなりがっついて来たね。嫌いじゃ無いけど」

 そして、僕は契約スキルを発動した。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く