もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

クロウリン

「精霊王さん、5日間お世話になりました。精霊の皆さんにもよろしくお願いします」
「分かったわ。それじゃ、元気でね。それと、またいらっしゃい」

 精霊王さんと別れた僕はクロウリンの入り口に来た。

「身分証を提示して下さい」

 僕はステータスプレートを提示した。

「その魔物達は、契約獣ですか。どうぞ、お通り下さい」

 身分証の提示が終わり、クロウリンの中に入った。

「えっと、ギルドはどこだ?」

 近くに案内板があったのでそこで確認した。

「お、ここから近いな。中央道をまっすぐ進んで、左の角か」

 クロウリンに入ったのがお昼頃で、お昼ご飯を食べていなかったので、ギルドに行く途中にある屋台で買い食いしてから、ギルドに入った。

「これが、ギルドか」

 入り口から入り、左側には酒場があり、屈強な男達が座っている。そして、右側には受付嬢が座っていた。
 僕は左側をちらっと見て、直ぐに左側の受付嬢の元に向かった。

「こんにちは。今日はどのようなご用で?」
「ギルドに入りたいんです。それの受付をお願いします」
「かしこまりました。では、こちらの部屋にお願いします」

 ギルドに入るために色々書類を書くため、その場では行わずに、個別の部屋で行うのだ。
 なんか、見られている気がするが、振り向いたら死ぬ気がする。

「さ、この部屋にどうぞ」

 その後、書類を書き終わり、ギルドの説明を聞いた。滅茶苦茶長い!!

 って、事で、ここで簡潔に纏めようと思う。

・ギルドに入ると、ステータスプレートにギルドの項目が追加される。

・ギルドにはランクがあり、そのランクで受けられるクエストが変わる。

・ランクはE〜Aの5つあり、その上にSランクと言う人間離れした人が3人いる。

・魔物を倒したら、街の入り口の横に受付があるから、そこに頼んで魔物の解体を頼むことが出来る。

・もし、持ち運べない魔物を倒したら、ステータスプレートからギルドに連絡して、カートを持ってきてもらう。

・冒険者同士のいざこざは、ギルドは介入しない。ギルドは、クエストを受けるための仲介役だから。

 ま、こんなところだ。

「た、多分。覚えました」
「あはは、覚えなくて良いわよ。これに全部書いてあるから」

 そう言って、受付嬢は本を渡してきた。

「ありがとうございます」
「さ、これで終わりよ。ランクはEからのスタートよ。それと、契約獣って分かるように腕の所にこれを付けてくれるかしら」

 渡された布をそれぞれに付けーー

「モフラはどうしましょう」
「うーん、そのままで良いわ」
「分かりました」

 それぞれの脚に巻きつけた。

「それは、特別製でね。成長しても、その大きさに丁度いい大きさに勝手に変形するから、特に何も気にしなくて良いわよ」
「へー、ありがとうございます!」

 ギルドに所属して次は宿屋を見つける事にした。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く