もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

出発

 僕は昨日10歳になった。その時は父様と母様に言われた事がある。

「イサミ。遂に10歳になったか」
「遂に、この時が来たのね」
「え? どうしたんですか?」
「いいか、よく聞いてくれ。お前は長男だ。いずれこの土地をお前に譲る事になるだろう。その時に知識が無いのはいかん」
「それでね、イサミには来月からこの世界を見て回る旅に出て欲しいの」
「え? 急に言われても困ります!!」

 僕の心の中は困惑でいっぱいだった。

「これは、お前の未来を考えての事だ」
「確かに、知識が無いまま領地経営なんてしたら、破綻するのは目に見えてますが……今じゃなくても……」
「今だからよ。いずれじゃ駄目なの。今やらないとチャンスは二度と目の前には現れないわ」

 母様の言葉は、僕の心に深く響いた。

「分かりました。行きます」
「……イサミ!」
「まぁ、そう硬くなるな。お前の旅には従者も付けるし、お金だって幾らでも渡そう」
「いりません」
「「え?」」
「従者もお金も必要ないです。僕は自分の力で生き抜いて見せます!」
「駄目だ。それでお前が死んでは元も子もないだろ。最低でも始めの旅路のお金だけでも出させてくれ」
「分かりました。では、父様と母様は、僕にもしもの事があっても大丈夫なように、準備していて下さいね。弟でも妹でも良いですから」

 そして、1ヶ月は風のように過ぎていった。

 そして、出発の日。

「それでは、父様、母様行ってきます」
「あぁ、楽しんでくるんだぞ」
「はい!」
「ギルドに着いたら必ず手紙書いてね」
「分かってますよ。では、また僕が大人になって一人前の領主になるその時まで一時のお別れです」
「待ってるぞ」
「いつでも帰ってきて良いんだからね」
「……!! ありがとう……ございます!! それでは、行ってきます!!」

 そして、僕は旅に出かけた。目的地は近くにある街か都市だ。

「クロ、モフラ、ルル。行くよ」
「にゃー」
「キュル!」
「ワフッ!」

 クロは俺の頭の上に、モフラは抱きかかえ、ルルは隣で歩いて、僕たちは絆ともふもふの旅に出かけたのだ。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く