もふもふ好きの異世界召喚士

海月結城

5歳

 僕は何故か前世の記憶を所持していた。

「何でだ? 確かに女神様に前世の記憶は無くなるって言われたんだけどな」

 そして、前世の記憶を持ったまま5年の月日が経過した。成長と共に無くなるかと思ったが、そんな事は無かった。
 あ、そうそう。まだ名乗って無かったね。今の僕は、イサミ。イサミ・ケイレード。
 さっき、前世の記憶を所持してるって言ったけど、名前だけが思い出せない。

「おーい、イサミ。ご飯だぞ」
「はーい!」

 父に呼ばれたので食堂に向かった。
 この屋敷、広くて未だに迷うんだよな。
 あ、あの人に連れて行ってもらおう。

「あの、ちょっと聞きたいんですけど」
「はい。何でしょうか? イサミ様」
「また、迷っちゃったみたいなんだ。食堂に案内してくれないかな?」
「はい! では、こちらについて来て下さい」

 はぁ、様は付けなくて良いって言ってるのに、駄目だ。
 地球にいた頃は様付けとは程遠い生活をしてたから、むず痒いんだよね。

「着きましたよ」
「ありがとうね」
「はい。いつでも、ご案内しますよ」

 そう言って、メイドさんは自分の仕事に戻って行ったよ。はぁ、僕の所為で無駄な仕事増やしちゃったな。早くこの屋敷の中覚えないと!

「お、来たか。遅かったな」
「この屋敷、広すぎるんです!」

 僕は少し怒りながら父に抗議したがーー

「ハハハ、すまんな。広くないと他の貴族に何言われるか分からないからな」
「貴族、嫌いです」
「ハハハ、俺も嫌いだ! ハハハ」
「ちょっと、あなた。そんな事言っちゃいけませんよ。一応、公爵なんですから」
「お母様も、一応って言ってるじゃないですか」
「しょうがないじゃない。私は元から貴族じゃないんですから」

 そんなこんなで食事は進んで行き、とある話題になった。

「そうだ、イサミ。自分のステータス見たか?」
「? いえ、まだ見てないですけど。と、言うから、見方が分かりません」
「そうか。なんなら、今から見てみるか」
「///はい!!」

 僕は、嬉しさを隠しきれないほど喜んだ。

「ほれ、これに触れて魔力を流してみろ」

 父様は僕に1枚の板を渡して来た。そして、僕は魔力を流してみる。

「ん、んん?? お、おお!!」

 目の前の板が光り始め透明な板に変化した。いや、透明なステータスプレートに変化した。
 これ、凄く綺麗!!

「凄い。なんで透明になったんだろう?」
「ハハハ! 良い驚きっぷりだな」
「ウフフ、そうね〜。私も始めて見た時はあんな反応したわね」
「ほら、そこに数字とか色々書いてあるだろ?」

 そこには、名前と種族。そして、レベルとその他諸々のステータスが表示されていた。

「もふもふ好きの異世界召喚士」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く