東方六百年物語

あきさか

#9 覇王ヴィル。

—永遠亭—

紫『さあ、付いたわよ…って”輝夜”っ!?』

?『はあ、はあ……ゆ、紫…』

紫『ど、どうしたの?!この傷跡…』

「ゆ、ゆかりさん危ないッ!!」

月「スペルカード発動、雷雲らいうん「サンダー=ウェザー」!」

剣符けんふ晩餐の海峡ばんさんのかいきょ」!」

紫『えっ?!』

「ふふ…やっと会えたね…るろう。』

?『そ、その人よ紫!』

紫『るろう…知り合い?』

「っ!!は、”覇王はおう”?!」

月「!!?ど、どうして覇王はおうがここに?!るろうくんにやられたんじゃ…」

覇王はおう「ふふっ…また会えて嬉しいよ…るろうにお月……正確には”気絶させられた”…かな?」

紫『…”覇王はおう”……確か”神々の祖先そせん”よね…』

?『……(“覇王はおう”…)…』

覇王はおう「ああ。そうだよ紫さん。だが……るろう、リベンジに来た。今、一戦再戦だ!」

「……わかった。」

覇王「スペルカード発動、闇夢やみゆ『ムーン・ディア』!」

剣符けんふ迷夢=人斬めいむ=じんざん』!」

覇王「ははっ……強くなってる…良いね…だが。悪夢あくむ『ナイトメア・D・Fディフェンダー・フェス』!」

「うおっ!!?」

紫『ねえ、お月…覇王とるろうはどんな関係なの?』

月「んー。簡単に言うと、”兄妹関係”かな…」

「スペルカード発動、天照女あまてらす天の岩戸隠れあまのいわとかくれ』……」

覇王「なっ、消えた?!」

神器じんぎ雷光=冥らいこう=めい』!」

覇王「う、うわっ!!……イタタ…………今日はお暇するよ…」

月「えっ?!」

覇王「また、会うのが楽しみだね……」

?『き、消えたわね…』

「…あ。治療しますよ!」

月「良いよ、月がやる!…スペルカード発動、新緑しんりょく回復の場ヒーリング・スポット』…」

輝夜『…ありがとう。遅れたけど私の名は”蓬莱山 輝夜ほうらいさん かぐや”よ。ありがとう…。』

月「どういたしまして。」

輝夜『今、皆んなを呼んでくるわね。』


「東方六百年物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く