東方六百年物語

あきさか

#7 天狗の大危機砲。

文『あやっ…?!……はあ、はあ。いきなり強力な技ですね…なら!スペルカード発動、疾風しっぷう風神少女ふうじんしょうじょ」!』

「くっ……!真符しんふ「デスト・ロイド」!」

文『っ!?……何ですか、今の技は…?』

「この技は”相手が発動宣言したスペカ、または技を一定時間封印、使用可能”な強力なスペカだ。」

幽々子『”使用可能”…ねぇ。』

妖夢『確かに、強いスペカですね。』

紫『また、新たなスペカね…。』

「そのままお返しするよ、スペルカード発動、開封、疾風かいふう しっぷう風神少女ふうじんしょうじょ」!」

文『う、うわあァ!!!………い、タタタ…。』

幽々子『味方にしたら強いけど、敵に回したら、厄介になるわね。』

「まだ、行くよ!追想ついそう神技の無想しんぎのむそう」!」

文『や、やられる!!………あやや…。』

「だ、大丈夫?!」

文『ええ、なんとか。』

「でも、治癒してあげるよ。創治癒そうちゆ夢幻の治癒再生ムゲンノチユサイセイ」…。」

文『……心配までされて、さらに治癒されるなんて忝いです…。』

「良いんだよこれくらい。」

妖夢『大丈夫ですか?』

文「ええなんとも。」

紫『そろそろ、暗くなってきたわ。』

「あ、確かに。」

幽々子『もう、帰るの?』

紫『ええ。』

「紫、明日の予定はあるの?」

紫『明日は、”地霊殿ちれいてん”と”永遠亭えいえんてい”に行く予定よ。』

「そっか。」

幽々子『そうなのね。』

妖夢『気をつけて行ってくださいね。』

紫『ええ。』

「ありがとう、妖夢。』

「東方六百年物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く