東方六百年物語

あきさか

#5 大・乱・闘(楽闘)。

獅子舞ししまい千年・舞・桜せんねん まい ざくら』!」

ミィナ『リィナ、合わせるわよ!?』

リィナ『わかった。』

『『スペルカード発動!』』

ミィナ・リィナ『結束けっそく紅=Justice・アルテミスレッド=ジャスティス・アルテミス」!』
  
「数を減らせたと思ったらこれか…雷神らいじん雷神=聖餐斬りらいじん=せいさんぎり』…!」

リィナ『うわっ?!!』

ミィナ『リィナ!?』

「余所見してる暇があるなら避けな…スペルカード発動、獄園ごくえん獄炎乱舞=儀ごくえんらんぶ=ぎ』…!」

ミィナ『ま、マズい…!』

「ふぅ…。」

魔理那『あのスカーレット姉妹に勝つなんてたいしたもんだぜ…。』

ミィナ「避けきれなかったわ…。」

紫『さて、初戦も拝めたし次は”白玉楼はくぎょくろう”に行きましょうか。』

リィナ『もう、行くの?』

「そう見たいだな、邪魔したぜ。」

リィナ『そっか、じゃね!』


「東方六百年物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く