東方六百年物語

あきさか

#2 知恵と能力。

—博麗神社—

霊華・魔理那『外来人がいたのね(だぜ。)。』

魔理那『知らなかった。』

?「なんか、集中してたらしいね。」

?『修行するのは良い事よ。』

霊華『あ!紫も居たんだ。』

紫『霊華に魔理那、紹介するわね。今日から幻想入りした彼女の名前は…』

るろう「初めまして、”赤羽 るろうあかば るろう”と申します。よろしくです。」

霊華『私の名は”博麗 霊華はくれい れいか”よ、よろしくね。それと、タメで良いわよ魔理那もでしょ?』

魔理那『ああ。初めましてだぜ!オレの名は”霧雨 魔理那きりさめ まりな”だぜ、よろしくなるろう!』

るろう「よろしく、霊華に魔理那!」

紫『さて、挨拶も済んだしるろうの能力解説と行きましょうか。』

霊華『あ、それ気になってた。』

るろう「”能力”って…?」

霊華『幻想郷に住む人々の一部は能力持ちなのよ。私の能力は”天を司る程度の能力”ね。』

魔理那『オレの能力は”上級魔法を取得出来る程度の能力”と”上級魔法を使用出来る程度の能力”だな。』

るろう「へぇ〜。」

紫『この子の能力は3つあるわ。』

霊華・魔理那『えっ?!!』

霊華『能力3つ持ちなら身体が保たないんじゃ…』

紫『”普通”はね…。』

魔理那『能力に関係してるって事か?』

紫『ええ。まず一つ目は”星を司る程度の能力”と二つ目は”星を生み出せる程度の能力”…三つ目は”宇宙の創生を司る事が出来る程度の能力”よ。』

霊華『…”宇宙に関係”してるわね。』

魔理那『それなら能力3つ持ちは納得だぜ。』

るろう「……凄い能力だね。」

紫『ええ、どれも強力よ。さあ、”紅魔館こうまかん”へ行きましょう。』

るろう「えっ、何で?」

霊華『…あ(察し。)』

魔理那『…ふーん。』

「東方六百年物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く