2度目の地球生活〜チートを添えて〜

ぱぴこ

2話 転生しました。

前の話で、神眼(読心、未来視、過去視)
ってありましたけど、後々の事を考えるとない方が楽………いいと判断したので、これを
〈未来視〉だけにします。     
よろしくお願いします。                  

「オギャァァァァァ」

オレは兵庫県明石市の神谷家に生まれた。

お、転生したみたいだな。オレを上から覗いて見てんのが両親か?

「はいはい、ママですよー!」

「俺はパパだぞー!やっぱり結衣に似て美形だなぁ。」

「そんなことないわよ。あなたに似たのよ。それにしても、この子イケメンね。将来はパパみたいに素敵な人になること間違いなしね!!!」

「結衣………。」

「あなた………。」 

チュッ


おい、子供の前でイチャイチャすんなよ。見てて恥ずかしいわ。

「そうだ、この子の名前決めてないな。どんなのがいいと思う?」

お、かっこいいのにしてくれよ?

「うーん、キ○トはどうかしら。」

アウトだよ。

「んー、天下唯我独尊はじめはどうだ?」

漢字なげーよ。てかそれ以前の問題だ。

「あ、吉之助なんてどう?」

オレは西郷じゃねぇぞ。

「「 優夜はどうだ(かしら)?」」

お、いいな。

「決まりだな。」

「えぇ。」

「どんな意味を込めたんだ?」

夜に優しい子・ ・   になってほしいなって♡」

♡じゃねぇ。何て意味込めてんだ。これから「優夜君の名前の意味教えて?」って聞かれたら何て答えればいいんだよ………。

「俺もだよ♡」

♡じゃねぇ。男がやると気持ちわりぃぞ。

「結衣………。」

「あなた………。」

チュッ

こいつら子供の前ってこと忘れてる。


結局、俺の名前は神谷優夜になった。

出だしはアレだったけど、これから最高の人生送るぞー!!!

※※〈15年後〉※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
って思ってる時もありました。
実際、めっちゃ生きづらいわ。中学の時は
毎日、周りはキャーキャーうるさいし、告白されるし、休日に買い物行くとオレの周りに人だかりできてるし、何回もモデルやりませんか?とか言ってくるし。

はぁぁぁぁぁぁ。よし!高校は東京に行って(かねてからの願望)地味な毎日を過ごそう。
(親の許可は取っています。)

えーっと東京の高校どこにしようかな。お、天智高校が楽しそうだな。そこにするか。

※※〈天智高校 受験当日〉※※※※※※※※※※※
ふわぁぁぁぁぁ、眠いなぁ。今からギチギチの電車に乗るのか…。辛いな。その代わり、
周りからいつもの視線を向けられないのは嬉しいな。

そう、オレは今日前髪で目を隠して、さらに猫背でいる。完璧だ。顔を見られない。

じゃあ、行きま………。

「やめてください!!!」

ん?なんだ?

そこでは、サラサラとした黒髪を腰まで伸ばしている絶世の美女が、チンピラ3人に囲まれていた。

「いいじゃん、俺らと遊ぼうよ。ね?」

「今から受験があるんです。やめ…… 」

男は周りに見えないように、ナイフを女の子に突きつけた。

「じゃ、行こうか。大丈夫!最初は痛いと思うけど、すぐに気持ちよくなるから。」

男たち3人は、下品な笑みを浮かべて女の子に言った。

「誰か………助けて………。」

はぁ〜、準備体操しますか。

「ちょっと失礼。」

「誰…グハァ!」

「なん…ヘブッ!」

「てめ…ブヒッ!」

ん?家畜が混ざってたのか。まぁいいや。
〈格闘技〉取ってて良かったな。あれ?何か視界がさっきより開けてるな。あ、やべ!!!

オレは急いで目を前髪で隠した。

「だ、大丈夫か?」

「は、はい。」

あー、見られたな。今日のところは早いとこ離れるか。

「お前、受験あるんだろ?早く行った方がいいんじゃないか?」

「あ、ありがとうございました!!!
私は白井紗希しらいさきって言います。あなたも天智高を受験するの?」

「ん?ああ。一応な。」

「なら、一緒に……」

「悪いが、今から長い方のお手洗いに行くんだよ。時間かかると悪いから先に行ってくれ。」

「ほぇ?わ、分かりました。今日はありがとうございました。では。」

「ああ、またな・・・。」

オレは〈未来視〉で確認していた。この子が首席で合格していたところを。

※※〈天智高校〉※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
もうすぐ始まるな。普通にテスト受けてもつまんねぇし。あ、このテストの合格者平均点はいくつなんだろう。
〈未来視〉・・・・・・・・・・・
376/500か…。うーん、そうだ!!



「これより天智高校入試を行います。
はじめ!!」

カキカキ。

終わったぁ。まだ15分くらいしか経ってないじゃん。……………寝るか。

Zzzzzzzz。




途中で起こされたりしたけど、残りの4教科もこんな感じで終わった。

※※〈採点中の職員室〉※※※※※※※※※※※※※※
「今年はすごいのが入ってきましたよ。」

「そんなに点数が高いのか?」

「いえ、そういうんじゃないんですけどね
これを見てください!!!」

「ん?おお、この点数なら合格だな。これがどうかしたのか?」

「何か気づきませんか?」

と、指を指されたところに目をやると

「?あ!!この生徒、全教科で・・・・80点とってやがる!!!」

「しかもその子寝てて、空欄もあったので注意したんですよ、そしたら何て言ったと思います?」

「何て言ったんだ?」

「「暇なんだからしょうがないじゃないですか」って。フフフ。」

「ほぇー、大物が入ってきたな。こりゃ楽しみだ。」

「ですね。」






「ブハックシュン!!!!あー、誰かオレの噂してんのか?」            

どうも、ぱぴこです。どうでしたか?お気に入り登録してくれた方、コメントをくれた方、ありがとうございます!!!これからも書いていくので、温かい目で見守ってほしいです。では、3話で。

「2度目の地球生活〜チートを添えて〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ぱぴこ

    あざす!嬉しいです!

    0
コメントを書く