平凡な高校生の最強FPSプレイ

ノベルバユーザー343634

麗奈の想い

今日は大事な行事がある。

しかし!

俺とっては、だるい!、めんどい!、やめたい!、などの『だるめんやめ原則』が俺の中であるのだ!
まぁ今回の行事は行かないとやばいので仕方なく世界ランキングの一位のガンブの姿の骸骨の仮面をつけ、黒を象徴した正装をし、指紋をつけない為に黒の手袋をつけた。たとえ国の象徴である天王家だとしても世界ランキング一位のPGプレイヤーの方が影響力があるとされているので天王家だとしてもプライバシーは守られている。(しかし麗奈にはバレている)
そして今やっている行事は英国との親睦会というもので天王家は全員出席し、ほかの重鎮達も参加しており英国側も重鎮など長官も参加しており英国代表のアリスも参加していた。
三つ星レストランで親睦会と名の食事会をした。俺はさっさと逃げようと思ってドアの方に向かったが英国の重鎮達に話しかけられ仕方なく会話をして会話の戦いを長いことやった。そしたら麗奈が話しかけて来た。今日の麗奈は白を象徴したドレスを着ていて英国の若者の目線が多かった。

「こんにちは。ガンブ様、今回参加して頂きありがとうございます」

「いえ、日本代表として当たり前の事です」

そう俺たちはそう世間的のあいさつをした。しかし礼をした麗奈は少しこちらを見て笑っていたので俺も世間的のあいさつをした。

「ふふお久しぶりです連夜」

「ああ久しぶりだな麗奈」

「やっと連夜とお話しが出来ます」

「確かにそうだな。お偉いさん達の話は長いからな」

「えぇまぁ天王家として仕方ないので頑張ります」

そう言いながら気合いを入れている麗奈を見て微笑ましいと思った。

「まぁ麗奈は綺麗だし海外でも人気だよな」

そう思った事を呟くと麗奈は顔を真っ赤に染まって俺に言い返した。

「そんな事を言われたら……照れます」

「まぁ本当の事だししょうがない」

「……そういうのがダメですぅ」

そう顔をさらに真っ赤に染まっていった。そして麗奈は後で泊まる予定のホテルに来てくださいと言われホテルの番号を教え、天王家の方へ顔を真っ赤にしながら行った
そしてアリスとも会った。そしてアリスにも綺麗だと言ったら麗奈に負けないぐらいに真っ赤になって帰っていった。
親睦会はお開きとなり麗奈の言っていたホテルへ向かった。

//////////////////


コンコンとドアを叩いた。そして麗奈がドアを開けた。

「いらっしゃい。連夜」

「ああ着たよ」

そうして出てきた麗奈の格好は白と桜のパジャマを着ていた。そのまま部屋の中に入れてもらいソファに座った。

「どうぞ。コーヒーです」

「ああ、ありがとう」

そうして麗奈は俺の前にコーヒーを置いた。俺はそのコーヒーを飲んだ。

「これ俺の好きな味だ」 

「はい。以前電話でこのブランドのコーヒーが飲んでいると言っていたので私も飲んでみようと思って買っておいた物です」

そういう会話をしながら楽しい会話をしていたらとっくに11時が来ていた。

「そろそろ帰るな」

「えっと」

「どうした?」

「今日……泊まって……行きませんか?」

「けどなぁ」

「お父様とお母様のお許しは頂いております」

「まさか俺を呼んだ理由ってもしかして……」

「そっそれもあります」

そう照れながら言った。

「ダメ……ですか?」

「分かった。一晩だけ泊まらせてもらうよ」

「良かったです」

そして俺は風呂に入りそのままベットに寝ようとしたら麗奈も一緒に寝たいと言って俺の寝ていた布団の中に入りそのまま背中から手を回して抱きついてきた。俺は困惑しているとこのままがいいですと言ってきたのである。俺はどうしようもないと思ってそのまま寝に入った。


//////////////////


「連夜寝ましたか?」

「……」

「寝てますね」


「ふふ間抜けな顔をしてますね。…………連夜あなたと会えて私は……連夜……好きです」

そのまま麗奈は上半身だけ起き上り連夜の唇に自分の唇を重ね麗奈は幸せな瞬間を噛み締めていた。

「平凡な高校生の最強FPSプレイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー288464

    更新待ってます

    0
コメントを書く