平凡な高校生の最強FPSプレイ

ノベルバユーザー343634

彼女の愛情

土曜日の朝。すぐに起きなくていいのにたまに起きてしまう。しかし俺はすぐには体を動かさなかった、いや、動かせなかったと言うべきか。俺は自分のお腹部分を見るとそこにはアイシアが幸せそうに寝ていたからだ。俺は諦め彼女の頭を撫でた、そうしたら彼女は起きた。そうして起き上がって俺にまたがる姿になった、そして彼女のパジャマが乱れてアイシアの豊富な胸がさらけ出しそうになっていた。俺は真っ赤になった顔を両手で隠した。

「……おはよ」

「ああおはよ。アイシア」

「……何してるの?」

そうアイシアが頭をコテンっと傾けてきいて聞いて来た。彼女自身寝ぼけている。

「胸隠してくれ。見えてる」

そう俺はアイシアにそう言ったらアイシアは自分の乱れた姿を見て恥ずかしくなったのかだんだんと顔が真っ赤に染まっていた
そしてアイシアはパジャマをきちんと着直して俺からのいた。

「……ごめん」

「別に嫌とは思ってねーからいいよ」

「……じゃもっと見る?」

そうアイシアは悪い顔をして俺の腕に自分の胸を押し付けてきた。
そんな事をして来たアイシアに俺もお返しをした。そのままアイシアをベットに押し倒した。アイシアは驚きで目を開いていて頬が赤く染まっていた。そのまま俺はアイシアの唇に自分の唇を重ねようとした時

「馬鹿」

「……痛」

「あんまし誘う事をすると本当に襲うからな」

そうアイシアのおでこに小突いた。

「……別に連夜なら……襲われても……いい」

そう彼女は赤くなった顔を枕で隠しながら言って来た。

「ありがとよ」

そう俺は彼女の頭を撫でて朝飯を食べに一階に降りた。
アイシアはまだ真っ赤に染まったまま

「……何番目でもいいよ」

そう言いながら連夜のベットで悶絶していた。


//////////////////

朝からいろんな事が起きたなまたあんな事をされたら理性が持てないな

「はぁ〜おはよ母さん」

「朝から元気ないわねぇ〜」

「休日だからいいの」

「まぁいいわ。そういえば!連夜知ってる?あの法案が成立するって」

「ヘェ〜そんなんだ」

俺はそんな返事をしながらコーヒー牛乳を飲んでいた。その法案とは『一夫多妻制』だ。なぜなら少子化問題もあるがなぜかPG本社社長が後押ししていたからである。そしてもう多数の女性と結婚している男性もいるらしい。

「そう言えば後一人今日泊まりに来るわよ」

「ふぅ〜ん。知り合い?」

「そう。母友ってやつね。しかもアイシアちゃんと同じぐらいにいい子なのよ」

「へぇ〜。誰?」

「アリスって子よ」

「まじ?」

「まじまじ」

「なんで?うちに?」

「なんか両親か急に海外で仕事が決まったらしくて1ヶ月帰ってこれないのよ。だからうちに泊まってもらうの」

「あっそうですか〜」

俺は半分諦めコーヒー牛乳を飲み干し片付けた。
何もないといいなぁ〜
そう言いながら俺はカップラーメンを食べて自分の部屋に戻った。
アイシアが俺の部屋でまた寝ていた。彼女の部屋は用意していたんだが彼女の要望で俺と一緒に寝たいと言いだしそれを母さんが決定したのだ。(勝手に)
そんな事を考えながら彼女を少しずらし彼女の隣に寝る体勢に入りPGワールドに入っていた。

///////////////////


連夜がPGをプレイしている時アイシアが目を開けた。アイシアは連夜がPGの世界に入るのを待っていた。

「……連夜寝た?」

「………」

「……寝てる」

そう言いながらアイシアは連夜の頬を突っついた。

「……ふふやわらかい。………………連夜大好き」

そう連夜の唇に自分の唇を重ねそれだけではなく自分の舌を連夜の口の中でくちゃくちゃと言いながら連夜の舌を動かして連夜に対する愛情が彼女を我慢させる事が出来ない事を示していた。そのまま連夜の口を堪能したアイシアは連夜の唇から離すと連夜とアイシアの間に銀色の糸が通っていた。

「……私の初めては……連夜から……奪ってほしいな」

そう言いながら自分の興奮を抑えながらも彼女の下着は少し濡れていた。

「平凡な高校生の最強FPSプレイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く